以前の記事、「facebookのカバー写真の劣化についてメモ」で、Facebookページのカバー写真はなるべく小さいほうがよいと書いた。今回は実際に写真をPNGに変換し、PNGを減色してファイルサイズを小さくするまでを、前・後編の2回に分けて書いてみる。
Facebookだけでなく、ホームページやブログでも、ファイルサイズはなるべく小さくすることをおススメする。

今回の作業は、すべてWebツールを使う。Webツールとは、簡単にいえば「Webブラウザ経由で使える様々なサービス(機能)」のこと。滅多に使わないプログラムをインストールしたくないときや、出先でのちょっとした作業に最適。インターネット環境さえあれば、いろんなサービスを使うことができるし、Webブラウザさえあれば、比較的低スペックのPCでも使える。

手順は以下のとおり。

  1. JPGをPNGに変換する
  2. PNGのファイルサイズを小さくする

1. JPGをPNGに変換する: Convert.Files

JPG形式は、デジタルカメラやスマートフォンなどで使われているファイル形式で、写真の保存形式として多くの機器で使われている。
JPGをPNGに変換するにはConvet.Filesを使う。Convet.Filesは、多くのファイル形式に対応したファイル変換サービス。「”7Z”って圧縮ファイルを受け取ったけれど、解凍できない。ZIPならできるんだけど…」とか、「写真をPDFにしてくれって言われたけど、PhotoShop入ってないんですけど…」なんて場合に便利だ。今回は単にJPGからPNGへの変換に使うが、ほかのファイル形式でも手順は同じ。

手順は以下のとおり。

  1. Convet.Files にアクセスする
  2. 「Choose a local file:」にJPGファイルをドラッグ&ドロップする
  3. 「Output format」で「PNG File(.png)」を選択する
  4. 「Convert」ボタンをクリックする
  5. 変換結果のURLをクリックして画像を表示し、画像を右クリックして「名前を付けて画像を保存」をクリックする
  6. 続けてほかのJPGファイルを変換する場合は「Convert another file」をクリックする
Convert.Files
Convert.Files

実際に変換してみた結果がこちら(↓)。

変換前:JPG・1,126,316B
変換前:JPG・1.07MB
変換後:PNG・3,997,292B
変換後:PNG・3.81MB

ファイルサイズがかなり大きくなっているけど、PNGに変換されている。

参考:JPGを圧縮する: JPEGmini

JPEGを単に圧縮してファイルサイズを小さくしたいだけなら、 JPEGminiというWebツールがある。とてもキレイに圧縮してくれるし、ダウンロードしたファイルは名前の末尾に「_mini」と付くので、誤ってオリジナルのJPGファイルを上書きしてしまう心配もない。おススメのWebツールのひとつ。

圧縮後:JPG・604KB
圧縮後:JPG・604KB

実際の圧縮結果が上の写真。ファイルサイズが約55%まで圧縮されて、604KBになった。
JPEGminiは単にJPGファイルを圧縮してくれるだけで、圧縮率の指定はできない。また、トリミングや回転、補正などの編集もできない。それでも、このファイルサイズでこの画質なら、あたしのブログには使えると思う(っていうか、使ってるし…)。
操作は簡単で、JPGファイルのアップロードはもちろんドラッグ&ドロップでできる。圧縮前・後のJPGファイルを比較することもできるので、気に入らなかったらダウンロードしなければよい。

JPGをPNGに変換し、ファイルサイズを小さくする(後編):TinyPNGへ続く