iPhoneには「iPhoneを探す」、BlackBerryには「BlackBerry Protect」という機能がある。いずれも、端末がどこにあるかを地図上で示す機能を持っている。気がついたらケータイがない⁉︎ なんてときに、じつに心強い。
しかし、それもバッテリーが残っていればのこと。いくらiPhoneだって(もちろんBlackBerryも)バッテリーが完全に放電していたら探せない。

ということで、FINAL SHOUT である。

FINAL SHOUT
FINAL SHOUT

FINAL SHOUT は、iPhoneのバッテリーが完全になくなってしまう直前に、Twitter、Facebook、または指定したメールアドレスに端末の場所を知らせてくれる。

FINAL SHOUT
FINAL SHOUT

ご覧のように、通知先はTwitter・Facebook・指定したメールアドレスだ。あたしはFacebookはそんなに見ないので(Twitterからは撤退済み)メールアドレスを設定している。
数回テストしてみたけれど、バッテリー残量が10%くらいになれば通知機能が働くようだ。

FINAL SHOUTが知らせてきた場所
FINAL SHOUTが知らせてきた場所

ただし、FINAL SHOUTは、一度起動すれば常駐するが、端末の電源を切ると電源を再投入しても自動的には起動しない。電源再投入後はいちいち手動で起動するか、アプリを自動起動するランチャーなどに登録しておく必要がある。
また、バックグラウンドで起動していることに加えて、一定時間ごとにGPSを参照するので、バッテリーの消耗も気になる。

あたしはBlackBerryをメイン端末、iPhone4sをサブ端末として運用しているので、「iPhone4sのバッテリー切れを知らせてくれるアプリ」と割り切って使っている。iPhone4sのバッテリーも、そろそろ交換しようと思ってるし…。 (^ ^;;