料理写真を自動的にキレイに補正してくれるWebツール「超! 美味しく変換」。最近、使う機会があったので、使いかたや効果などをメモ。

超! 美味しく変換
超! 美味しく変換

1. 「超! 美味しく変換」の使いかた

使いかたは簡単だ。補正したい料理写真をアップロードするだけ。あとは自動的に処理が行われ、キレイな料理写真になる。サインインやメールアドレスの登録なども必要ない。

  1. 超! 美味しく変換」へアクセスする
  2. 「ファイルを選択」ボタンをクリックして補正する写真を選ぶ
  3. 「UPLOAD」ボタンをクリックする
  4. 自動的に補正が行われる(補正が終われば、サイト上で前・後を比べることができる)
  5. 「DOWNLOAD」ボタンをクリックして、補正された料理写真をダウンロードする

ダウンロードするファイルは、「foodpic9999999.jpg(9999999は連番)」とファイル名が変更されているので、オリジナルの写真を誤って上書きする心配はない。

時間帯によるのか、補正処理にやや時間がかかることがあった。

2. どのくらいの効果があるのか、実際に試してみた

オリジナル(補正前)
オリジナル(補正前)
変換済み(補正後)
変換済み(補正後)

上の写真が補正前(オリジナル)の写真、下の写真が補正後の写真。補正前の写真はリサイズしただけで、そのほかの補正・編集はいっさいしていない。サイズが小さいことを除けば、デジカメから取り出したままの状態だ。補正後の写真も、ダウンロードしたままの状態で、なにも補正・編集していない。
料理写真が、明らかにおいしそうになっている。細かいことを言えば、写真が全体的に明るめになっているので、容器の白いところの質感が(少しだけ)なくなっている感じはする。あと、全域に軽くシャープネスがかかっているような気がする。照明などの条件で結果はかなり異なるだろうけれど、ここまで補正してくれるならとても助かる。色もキッチリ再現されているようだ。

 

…というだけでは芸がないので、今回はファイルサイズを比べてみた(↓)。

  • 補正前: 692 KB
  • 補正後: 838 KB

少しだけれど、補正後の写真のファイルサイズが大きくなっている。補正する途中で、(結果的に)色数を増やす処理があるのかもしれない。しかし、巨大なファイルサイズになったわけではないし、あたしには「JPEGmini」という心強い味方がいるのだ。

3. 「JPEGmini」でファイルサイズを圧縮してみた

JPEGminiでファイルサイズを圧縮
JPEGminiで圧縮(838 KB → 193 KB)

JPEGminiでファイルサイズを圧縮したのが上の写真。ファイルサイズは193 KBまで小さくなった。ほんの少しだけ、モヤっとしたカンジがしないでもないけれど、このファイルサイズなら納得する。
ちなみに、オリジナルをJPEGminiで圧縮してみたのが、下の写真。ファイルサイズは 183 KBだ。やはり、「超! 美味しく変換」を使うことで、ファイルサイズが少し増えている。

オリジナルをJPEGminiで圧縮
オリジナルをJPEGminiで圧縮(183 KB)

4. 「JPEGmini」で圧縮してから美味しく変換してみた

ここまできたら、ついでなので、まずJPEGminiで圧縮した料理写真を、「超! 美味しく変換」で美味しくしてみよう。

圧縮後に美味しく変換
圧縮後に美味しく変換(653 KB)

みごとにファイルサイズが大きくなっている。これは失敗だね。

5. 今回の教訓

  • 超! 美味しく変換」は、かなり便利
  • でも、ファイルサイズが大きくなる(重くなる)かもしれない
  • ファイルサイズが大きすぎるなら、「超! 美味しく変換」のあとで「JPEGmini」を使って圧縮しよう(先に圧縮してはダメ)
  • Exif情報は削除される(下図参照のこと)ので、オリジナル写真は大切にしなくては…
  • 変換は1度に1ファイルしかできない。多量の写真を変換するのは時間(およびヤル気)が必要
Exif情報は削除される
Exif情報は削除される

6. (こっそりと)お礼

最後になりましたが、ご協力に感謝します m(_ _)m > ちゃんきー