Webページを読むとき、ハデな広告が多かったり、テキストが修飾過多だったり、文字が小さくて読みにくかったりして、なかなか集中できずにじっくり読めなかった経験はないだろうか??

skimpage」は、Webページをシンプルに表示してくれるWebツールだ。

skimpage
skimpage

使いかたは簡単。

  1. skimpage」にアクセス
  2. 読みたいWebページのURLをペースト
  3. 「Enter」キーを押す

これだけ!! シンプルだ!!! ボタンをクリックする必要さえない(そもそもクリックするボタンがない)!!!! 画期的かも!!!!! (iPadの場合はソフトキーボードの「Go」をタップしよう)

当ブログを「skimpage」にペーストしてみた(↓)。

当ブログをskimpageにペーストしてみた
当ブログをskimpageにペーストしてみた

当ブログでは10件しか変換されなかった。何件が変換の対象になるのかはブログによって異なるようだ。

毎日のように目を通すサイト(業界サイトやニュースサイトなど)で、各サイトの最新記事をサッと、でもキッチリと把握したいときなどに、じつに有用なWebツールになるだろう。

この読みやすさは、説明するより実際に体験してほしい。

skimpage」は読みやすいだけではない。ブログ記事は左ペインに一覧表示されている(サムネイル付き!!)。各リンクも生きているので、オリジナルのページと同じようにリンク先を表示できる。読むことに特化しつつ、Webページとしての操作性は確保しているのだ。

じつは「skimpage」では、リスト要素(<ul>、<ol>、<dl>)が再現されない(2014.01.14現在)。このページの「使いかた」がリスト要素(<ol>)だ。箇条書きと考えてよいと思う。あたしとしては多用する要素なので、キッチリ再現してほしいのだけれど… (> <)
あと、リンク先の未読・既読の区別は再現されない。Webページをその都度新しく構成する仕組み上、再現できないのだろう。毎日訪れるWebサイトを中心にするなら、これは些細なことだと思う。