PCのデータに限らないのだけれど、バックアップは大切だ。あたしの場合はむしろ、万事において自分が考えているように進むことのほうが少ない。なのであたしは、常に「プランB」を模索するのだ。

前置きはともかく、今回のPCトラブル対応、「Dell DataSafe Local Backup」の削除についてメモ。

Dell DataSafe Local Backup を削除する

Dell Datasafe Local Backup
Dell DataSafe Local Backup

* 上記画像は「UNIQUE LABORATORY」さんからの借り物です m(_ _)m

「Dell DataSafe Local Backup」は、べつに悪質なソフトではないようだ。Dellさんが親切で最初からPCにインストールしているソフト。悪質どころか、リカバリDVDを作成するためのDell専用ソフトだ。それに、「DataSafe」とトレードマークが付いているぞ。
問題は、ある日突然に、「割引料金で更新いただけます!!」というようダイアログが出てくること。そして、このダイアログに「閉じる」ボタンがないこと。いつもモニタに画面を最大化して使っている利用者にとっては、モニタ右下部分を隠してしまうだけのこまったちゃんなのである。
また、プログラムを終了する(画面を閉じる)のに、画面右上の「閉じる」ボタンしか使ったことがない(習っていない)利用者にとっては、「ダイアログボックスを閉じることすらできない」のである。

ということで、今回は電話対応で「Dell DataSafe Local Backup」の削除を行った。
削除することには何の問題もない(ただし、リカバリディスクを作成できなくなるようだ)。

削除は、通常の手順で問題ない。つまり、「コントロールパネル」→「プログラムと機能」から、「Dell DataSafe Local Backup」を選択して「アンインストール」する。
もうひとつ、「Dell DataSafe Local Backup – Support Software」という項目があるが、Windows7の場合、「Dell DataSafe Local Backup」をアンインストールしたらこちらも表示されなくなった。どうやら同時に削除されるみたいだ。もし、残っているようだったら、同じ手順で削除してほしい。

あと、気になったのが、とくになにもしないのに勝手に再起動されてしまったこと(フツーはありえないことだけれど)。クリックが何回か多かったのか、それとも再起動ボタンの見落としか、電話対応なので不明。

以上で終了。あたしの最近のお気に入り、「IObit Uninstaller」の出番すらなかった (T-T)

今回の教訓

  1. PCトラブル対応では、いつPCが再起動されてもかまわないように、まずデータを保存しよう
  2. 念のため、システム復元ポイントを作っておこう
  3. 電話対応の場合はとくに、ね
  4. いつも心に太陽(プランB)を!! (> <)
  5. DataSafe™は、米国Dell社の米国およびそのほかの国における商標です
  6. PCトラブルは電話対応ですめばとっても楽だ(← あたしが)