browse-2263_640sw

2014/09/04 追加
お仕事用のPCで、コンテクストメニューの表示の遅さが改善できたので、別記事をアップしました。 → 【コンテクストメニュー(右クリック)の表示の遅さを改善する:Windows 7 備忘録【とりあえず解決版】


Windows OSを使っていて、右クリックは多用する操作だと思う。Explorerなどのファイルマネージャでファイルやフォルダを操作したいとき、メニューバーからコマンドを選択するよ り、右クリックでコンテクストメニューを呼び出すほうが、視線の移動もマウスカーソルの移動も最小限ですむからだ。Windows OSに最適化されたアプリケーションでも同じことだと思う。

ところが、PCを使い続けていると、右クリックでコンテキストメニューを呼び出すのに、時間がかかってしまうようになる。今回は、これを解決するための備忘録。

参考にするサイト(ブログ)はこちら(↓)

コンテクストメニューの例
コンテクストメニューの例

1. まず基本的なことはやっておくこと

コンテクストメニュー以前にPCそのものが遅いのなら、日常の保守をキッチリやっておこう。

ここで「日常の保守」とは、メモリの増設やHDDの高速化など、ハードウェア面。そして、システム面では、レジストリの最適化やバックグラウンドで動作するアプリケーションの見直しなどだ。
場合によってはメモリチェックや、使用していないネットワークドライブなどの切り離しも考慮すること。

2. 遅くなる原因は…

前述のサイトによると、レジストリのコンテクストメニューに関する箇所を見直すことで、表示の遅さは改善される場合があるらしい。コンテクストメニューに表示されるコマンドが少ないほど、表示が速くなるのは道理だ。

原因のひとつは、特定のアプリケーションが大きく影響していることらしい。つまり、あるアプリケーションをコンテクストメニューから排除すれば表示が速くなる、ということのようだ。

もうひとつは、ネットワーク上に存在しないサーバやデバイスを参照してしまうことにある。これもレジストリから削除してしまえばよい、ということのようだ。

さらに、アンインストールして今は存在しないアプリケーションが、コンテクストメニューに残っていることも、(あたりまえだけれど、ありがちな)原因のひとつ。

今のところ、この記事を書くために使っているEeePC 1000HAは快適に表示してくれている。問題は、あたしがお仕事で使っているPCだ。たしかに運用を始めて満3年になるし、コンテクストメニューの表示がやたらに遅い。

時間があるときに試してみたい。