zipは世界標準といってもよいアーカイブ形式だ。国産の「lha」も健在だけれど、アンチ・ウィルスソフトの多くが正しく検査できない問題が指摘されていることもあって、あたしとしては「zip」にシフトすることをおススメしたい。

さて、「Unzip Online」。名前のとおり、オンラインでzipを解凍してくれるWebツール。対応している圧縮形式は「7z」「bar」「bz2」「bzip2」「gz」「gzip」「jar」「rar」「tar」「tbz」「tgz」「war」「xz」「z」「zar」「zip」で、ほぼすべてのzip派生形式に対応している。

Unzip Online
Unzip Online

1. Unzip Onlineの使いかた

  1. Unzip Online」にアクセスする
  2. 解凍したいzipファイル選択するか、URLで指定する(10ファイルまで)
  3. 「UPLOAD QUEUE」ボタンをクリックする
  4. 必要なファイルをクリックして「ファイルを保存」を選択、ダウンロードする

アップロードが終わると直ちに解凍され、一覧が表示される。

解凍結果
解凍結果

zipにフォルダが含まれている場合はフォルダをクリックして、下位のファイルやフォルダを参照する。

解凍結果
解凍結果

2. まとめ

  • ほとんどの形式のzipファイルを解凍できる
  • 最大200MBまで
  • 最多10ファイルまで
  • 残念ながら、フォルダごとのダウンロードはできない

ここまで書いてきて、Windows OSにzip圧縮・展開機能が実装されてかなり経ったこと、それに、lha形式をあつかうために圧縮・解凍ソフトをインストールしているひとも多いだろうことを考えると、なんだか「Unzip Online」の意味がないような気がしてきた。
Unzip Online」が活躍するシーンを考えてみよう…。

ネットブックなどを出先で使っていて必要なファイルだけをサッとダウンロードしたいとき。
サーバ上のzipファイルから必要なファイルだけをピンポイントで取り出したいとき。

これくらいの使いかたし考え付かない。すべては運用ということか??