4adb9f315956360c1a5c9a6c4df0c84f_sw

先日のある夜のこと、いつものコンビニで「RedBull」を買っていたら、「車でiPhone5sを充電したいけど、充電できない…」というお客さんがいて、店員さんたちが困っていた。顔見知りの店員さんと視線が交差してしまったあたしは、仕方なく(いつものように)助言をすることになってしまうのだ。

お客さんが買ったのはLightningケーブル。機種はiPhone5sなので、これは正しい選択。そしてお客さんは、各キャリアの携帯電話に充電できる古いシガーソケットタイプの携帯電話用車載充電器を持っていて、その充電器にはUSBが付いていた。

この古い車載充電器にLightningケーブルをつないでも、iPhone5sの充電ができないというのだ。実際に車で充電してもらってみたが、車載充電器のパイロットランプは点灯するし、iPhone5sのLightningコネクタに見てわかるような破損はないにもかかわらず、iPhone5sのバッテリーアイコンが緑(充電中)にならない。

1. 電流が低いと充電できないことがある

一般にiPhoneの充電に必要な電流は1000mA(iPadでは2000mA)。つまりiPhoneは、充電するために1000mAの電流を要求している。

ここで、一般的な携帯電話の充電に必要な電力は500mA(一部に700mAの機種もあるらしい)であることを考えると、携帯電話用の古いシガーソケット充電器では、500mAしか電流を供給できない。おそらくこれが今回の原因だと思う。

実際のところ、電力が500mAであっても充電によけいに時間がかかるだけで、充電できることもある。しかしながら、出力できる以上の電流を要求されると、充電器側に電圧低下が起こり、結果として充電できないことも多々ある。

2. スマートフォン用シガーソケット充電器で充電

あたしはiPhone4sをカーナビに使っているので、USBが2口のシガーソケット充電器(↓)を使っている。

スマートフォン用シガーソケット充電器(USB×2)
スマートフォン用シガーソケット充電器(USB×2)

Lightningケーブルをあたしの車の車載充電器につないで充電してみたら、しっかりiPhone5sのバッテリーアイコンが充電中になった。それでお客さんには簡単な説明をして、スマートフォン用の車載充電器を新しく購入するように助言した。

3. まとめ

  1. 車載充電器は電流に余裕があるものを選ぼう
  2. たとえばiPhoneとiPadを同時に充電するには、iPhoneが1000mA、iPadが2000mAだから、合計3000mAの電流が必要だ
  3. USB×2の車載充電器の中には、片方が1000mA、もう片方が2000mAのものがある。iPadを充電するときには2000mAへつなごう
  4. また、2000mAへiPhone(1000mA)をつないでも、電流は1000mAしか流れないので心配はない
  5. 携帯電話(ガラケー)の車載充電器では、iPhoneへ充電できないことがある

4. オマケのメモ

じつは、ノートPCにiPad2を接続してもバッテリーアイコンが緑(充電中)にならない(↓)。MacBookならちゃんと充電される。

ノートPCからiPad2へ充電できない
ノートPCからiPad2へ充電できない

これは一般的なノートPCのUSBバスパワーが500mAであるからだ(USB2.0の場合)。対して、MacBookのUSBはこれを超えるバスパワーを供給できるので、フツーに充電が可能なのだ。

実際にEeePC 1000HAにiPad2を接続してみると、バッテリーアイコンの横に「充電していません」と表示される(↑)(iPhone4sは充電できる)。

解決策はいまのところみっつある。

ひとつはUSB3.0ポートから充電すること。近年、USB3.0ポートを搭載するノートPCが登場している。USB3.0のバスパワーは900mA(USB3.1は1000mA)なので、やや力不足ではあるが、iPad2へは充電できる。USB3.0ポートはコネクタ内部が青色なので、容易に見分けることができる。

もうひとつは、給電能力を上げるアダプタを使うこと。最近ではUSB2.0ポートの給電能力を1400mAまで上げるUSBアダプタが登場している(別途購入しなければならないし、持ち歩く小物が増えてしまうけれど…)。

最後に、USB2.0でも、非常に時間がかかるけれど、iPadへは充電できること。iPadがスリープ状態であること、1%の充電に数十分かかることなど、障害は大きい。それでも充電できる、これは意味があると思う。たとえば、出張先にiPadのAC充電器を持って行かなかったとき、寝る前にノートPCにiPadをつないでおけば、翌朝には、(程度の差はあるだろうが)何割かは充電できているはずだ。