444e906cb3797aace8bd20b134fc6259_ssw

今回は、動画データに、ICレコーダで収録した音声データをかぶせるお仕事がやってきた。音声がとてもノイジーなオリジナルの動画に、キッチリ収録したICレコーダの音声データをかぶせて、聴きやすいシーンに仕上げるのが目的だ。

音声データを編集するには「SoundEngine Free(サウンドエンジンフリー)」を使う。あたしが昔からお世話になっている音声編集ソフトだ。ただし、「SoundEngine Free(サウンドエンジンフリー)」は、入力できるファイル形式が「.wav」「.cda」「.ogg」「.csv」と限られている。

ここで、一般的なICレコーダの音声データは「.mp3」だ。つまり、「.mp3」形式データを「.wav」形式データに変換する必要がある。今回は「オンラインオーディオコンバーター」を使ってみたのでメモ。

オンラインオーディオコンバーター(media.io)
オンラインオーディオコンバーター(media.io)

1. オンラインオーディオコンバーターの使いかた

  1. オンラインオーディオコンバーター」へアクセスする
  2. 「アップロードするファイルを選択してください」をクリックする
  3. 変換する音声ファイルを選択する
  4. 出力形式を「MP3」「WAV」「WMA」「OGG」から選択する
  5. 音質を「最高」「高い「普通」「低い」から選択する(「WAV」以外を選択した場合)
  6. 「変換」ボタンをクリックする

2. オンラインオーディオコンバーターのまとめ

  • 日本語で使用できる
  • 多様な形式の音声データ形式を「MP3」「WAV」「WMA」「OGG」に変換できる
  • サインインやメールアドレスの登録などは不要
  • 「MP3」「WMA」「OGG」に変換する場合、音質の指定ができる
  • URLを指定してオンライン上の音声ファイルを指定・変換できる
  • 複数の音声データを変換する場合、アップロード(と変換)は1ファイルずつ行う必要があるけれど、ダウンロードはまとめてできる(ZIP形式にて圧縮されている)
  • シンプルなページ構成がステキ

3. オマケのまとめ

今回は「SoundEngine Free(サウンドエンジンフリー)」を使うため、wav形式に変換した。wav形式は(通常は)非圧縮のファイル形式なので、非可逆圧縮であるmp3形式の音声データに比べると、一般に10倍程度のファイルサイズになる。多くの音声データをwav形式で扱う場合は、ファイルサイズに注意が必要になることもあるだろう。

たとえば、「オンラインオーディオコンバーター」を使って、たくさんの「.mp3」形式データを、いちどに「.wav」形式データに変換するなら、ダウンロードサイズがかなり大きくなるだろう。ダウンロード中の時間の使いかたを考えたほうがよさそうだ。

SoundEngine(サウンドエンジン)」の「ヘルプカフェ」には自由に使える音楽素材がある。効果音やBGMなど、多数の音楽素材がジャンル別に一覧できる。