0533f0e24573da8dbd68f5c6e7d452d7_sw

Windows 7ではエクスプローラのフォルダが展開されないときがある。Windows XPまでは、フォルダをダブルクリックするなどして開いていけば、ナビゲーションウィンドウ(フォルダが表示される左側のウィンドウ)にはすべてのフォルダが表示されていたはず。

Windows 7のエクスプローラ(標準)
Windows 7のエクスプローラ(標準)

フォルダに対する操作は、アドレスバーに表示されているカレントフォルダで行えばよいだけのことなのだけれど、やはり慣れた操作が一番だろう。マウスでクリックしなくても一覧できる。ということで、今回はWindows 7のエクスプローラでフォルダを常に展開(ツリー表示)するためのメモ。

1. Windows 7のエクスプローラでフォルダを常に展開(ツリー表示)する

  1. エクスプローラの「整理▼」をクリックする
  2. メニューから「フォルダーと検索のオプション」を選択する
  3. 「フォルダーと検索のオプション」を選択
    「フォルダーと検索のオプション」を選択
  4. 「フォルダーと検索のオプション」画面で「自動的に現在のフォルダーまで展開する」をチェックする
  5. 「自動的に現在のフォルダーまで展開する」をチェック
    「自動的に現在のフォルダーまで展開する」をチェック
  6. 「適用」ボタンをクリックする
  7. 「OK」ボタンをクリックする

以上でフォルダが展開されるはず。展開されないようなら、一度エクスプローラを終了して、再度起動してみてほしい。

2. Windows 7のエクスプローラについてオマケ

上記の例では、エクスプローラの画面の下部に「詳細ウィンドウ」を表示している。あたしは、写真のサイズや大きさ、撮影日など、ファイル情報を見るのに便利なので、「詳細ウィンドウ」をときどき使う。「詳細ウィンドウ」をj表示するには、「整理▼」をクリックして「レイアウト」をポイントし、「詳細ウィンドウ」を選択する。

詳細ウィンドウを表示する/非表示にする
詳細ウィンドウを表示する/非表示にする

マウスをアイコンの上に置く(クリックしない)と、しばらくして同様の情報がポップアップ表示される(下図)けれど、表示されるまで待つのもなんだかめんどうである。

ファイル情報のポップアップ表示(例)
ファイル情報のポップアップ表示(例)

EeePC 1000HAのようなネットブックはそもそもモニタが狭いので、「詳細ウィンドウ」は必要なときだけ表示して、画面を有効に使いたい。