IMG_0179sw

iPhoneなどのスマートフォンで動画を撮影する機会も増えてきた。ところが、写真を縦構図で撮るのに慣れてしまったのか、動画も縦構図で撮ることがある。スマートフォンで視聴するときはべつによいのだけれど、PCやDVDに起こして視聴するときにはなんとも具合がよくない。

縦構図で撮影された動画をPCで再生すると…
縦構図で撮影された動画をPCで再生すると…

今回は、縦構図で撮影した動画を横にするメモ。

* 撮影者(著作権者)に許可をいただいて表示しています。

1. ムービーメーカーを入手する

今回の作業で使用するソフトは「ムービーメーカー」。Windowsには標準の動画オーサリングツールとして付属している(以前は「Windows ムービーメーカー」と表記されていた)。

「ムービーメーカー」は、Windows 7からオプション扱いになったみたいで、PCによっては最初からインストールされていないようだ。インストールしていなければ、Microsoftのサイト「ムービー メーカーを入手する」からダウンロード、インストールする。

2. ムービーメーカーで構図を回転させる

ムービーメーカー
ムービーメーカー
  1. 「ムービーメーカー」を起動する
  2. 「ビデオおよび写真の追加」ボタンをクリックするか右ペインをクリックして、編集する動画ファイルを開く
  3. 動画ファイルを開いた
    動画ファイルを開く
  4. 縦構図のシーンを分割する
    1. 分割する箇所(ここでは縦構図が終わる箇所)を探す
    2. 分割する箇所で右クリックする
    3. コンテクストメニューから「分割」を選択する
    4. シーンを分割する
      シーンを分割する
  5. 分割された縦構図のシーンをクリックして選択する
  6. 回転させるシーンを選択
    回転させるシーンを選択
  7. 「右へ90°回転」ボタンをクリックする
  8. シーンが回転した
    シーンが回転した
  9. ムービーを保存する
  10. 編集したムービーを保存する
    編集したムービーを保存する

3. まとめと留意事項

まとめ

  • 上記の例では、動画の前半が縦構図、後半が横構図なので、まず動画のシーンを分割して、縦構図のシーンを回転させている
  • 動画全体が縦構図なら、単に右(または左)に回転するだけでよい
  • 動画を保存するときは、再生機器に合わせてファイル形式を選択すること

留意事項

  • 一般に、スマートフォンで撮影した動画は「mp4」形式で保存される
  • Windows Media Playerは、バージョン11までは「mp4」形式に対応していない(再生できない)
  • Windows Media Playerをバージョン12にアップデートするか、ファイル形式を「wmv」などに変換する必要がある

4. 結論

スマートフォンでも動画は横(ランドスケープ)で撮影しよう

なぜ、横位置で撮影しなければならないのか?? それはこの動画を視ればわかっていただけると思う → Vertical Video Syndrome – A PSA

それでも、どうしても「スマートフォンを横位置にするのはイヤだ!!」というひとのために、iPhoneには「Horizon」というアプリがある(有料だけど)。