IMG_0174w

デジカメで撮影した写真を、ブログやフェイスブックにアップロードしたり、メールで送ったりする機会は多くあると思う。そんなとき、なるべくサイズを小さくすると、時間の節約になるし、サーバ容量の確保にもつながる。メールに添付する場合は、相手の受信サーバの負担を軽くすることになる。

今回は「JPEGmini」と、同様の圧縮ツールである「JPEG Optimizer」を比較してみたのでメモ。

1. JPEGmini

JPEGmini
JPEGmini

JPEGmini」は、単機能でシンプルなJPEG圧縮Webツール。単機能であるだけに、使いかたがわかりやすくカンタンだ。英文サイトだけれど、操作もシンプルなので、とまどうこともないと思う。

JPEGminiの使いかた

  1. JPEGmini」へアクセスする
  2. 圧縮する写真(JPEG)をドラッグ&ドロップする
  3. 圧縮前後をプレビューできる
  4. 圧縮された写真をダウンロードする

使いかた(試用版)は簡単。圧縮したい写真をドラッグ&ドロップするだけで、自動的にアップロード&圧縮される。特徴的なのは、圧縮前と後の写真をプレビューできる点ところ。圧縮することで画質の劣化がどの程度なのかを、ダウンロードする前に知ることができる。圧縮前後のファイルサイズも表示される。あとはダウンロードリンクをクリックして写真をダウンロードすればよい。

2. JPEG Optimizer

JPEG Optimizer
JPEG Optimizer

JPEG Optimizer」も同様に、写真を圧縮するWebツール。圧縮率の指定ができたり同時にリサイズできるなど、「JPEGmini」に比べて、少しだけ機能が多い。

JPEG Optimizerの使いかた

  1. JPEG Optimizer」にアクセスする
  2. 「ファイルを選択」ボタンをクリックして圧縮する写真を選択する
  3. 必要に応じて圧縮率を0から99の範囲で指定する。圧縮率を指定しない場合はチェックをはずす
  4. 必要に応じて圧縮後の写真の大きさ(横)をピクセルで指定する。リサイズをしない場合はチェックをはずす
  5. 「Optimize Photo」ボタンをクリックする
  6. 圧縮が終わったら、写真を右クリックして「名前をつけて保存」する

使いかたも、それほど難しくはない。「リサイズ」は、操作に慣れてから使ってみるのがよいかもしれない。「リサイズ」はしなくても圧縮はできる。ただし「圧縮率の指定」は、チェックをはずすと返ってサイズが大きくなる(圧縮されない)ので、必ずチェックしておくこと。

写真をブログにアップロードするときや、メールに添付するときには、「リサイズ」が圧縮と同時に指定できるのは便利だと思う。ただし、規定値が、「圧縮率の指定」は65、「リサイズ」は400ピクセルになっているので、不要なときはチェックをはずさなければならない。

3. 比較

JPEGmini」と「JPEG Optimizer」を使って同じ写真を圧縮、比較してみた。「JPEGmini」の圧縮率がわからないので、正確でフェアな比較にはならないけれど、参考まで。

下図はオリジナルの写真。サイズは約1.18MB、大きさは2048×1536。

オリジナル:
オリジナル:約1.18MB、2048×1536

この写真を、「JPEGmini」と「JPEG Optimizer」を使って圧縮した結果が下図の写真。

JPEGminiで圧縮:579KB
JPEGminiで圧縮:579KB
JPEG Optimizerで圧縮(圧縮率65):356KB
JPEG Optimizerで圧縮(圧縮率65・リサイズなし):356KB

圧縮後のファイルサイズは、「JPEGmini」で579KB、およそ半分になっている。「JPEG Optimizer」では、ファイルサイズはおよそ1/3になっている。

画質については、「JPEGmini」のほうがやや明るいカンジもするけれど、Web用としてはどちらも十分だと思う。好みや写真に応じて使い分けるとよいだろう。

細かいことをいえば、「JPEG Optimizer」ではモスキート・ノイズがやや気になる。これは、(ファイルサイズを見てわかるように)圧縮率が高いからかもしれない(下図)。

400%に」拡大して比較(左:JPEGmini / 右:JPEG Optimizer)
写真の一部を400%に拡大して比較
(左:JPEGmini / 右:JPEG Optimizer)

Exif情報

じつは、「JPEGmini」は、圧縮後もExif情報を保持するが、「JPEG Optimizer」は保持しない、という違いがある(下図)。データ管理の観点からすると、決定的な違いといえる。

JPEGminiはExif情報を保持している
JPEGminiはExif情報を保持している
JPEG OptimizerはExif情報を保持しない
JPEG OptimizerはExif情報を保持しない

圧縮した画像にExif情報が必要かどうかは、運用上の問題であり、個人の考え方次第でもある。『JPEG Optimizer」はExif情報を保持しない』と覚えておくとよいだろう。

4. まとめ

  • 今回の比較では、明瞭な結果はでなかった。オリジナルの写真の選択ミスかもしれない
  • 今回の結果だけからいえば、どちらを使ってもそんなに差はでないだろう
  • ただし、「JPEG Optimizer」には「リサイズ」機能があるので、圧縮とリサイズを同時に行いたいなら、「JPEG Optimizer」を選ぶしかない
  • 単にシンプルな操作感で選ぶなら、何も考えずに圧縮だけしてくれる「JPEGmini」を選ぶべきだ
  • Exif情報を残しておきたいなら「JPEGmini」を、リサイズも同時にするなら「JPEG Optimizer」を、という選択でよいと思う