IMG_0203w

Windows 7では、標準機能で、ZIP形式のファイル(やフォルダ)の解凍・圧縮ができる。このメモでは、日常的に、圧縮や解凍をしていない人々に、圧縮・解凍の手順を説明する。

なお、Windowsでは、圧縮された実体を「圧縮フォルダー」と呼称する。当ブログでは、これを「圧縮ファイル」と、呼びかたを統一している。

目 次

1. ファイルを圧縮する手順

ファイル(またはフォルダ)を圧縮するには、マウスを右クリックすると表示されるコンテクストメニューの「送る」→「圧縮 (zip 形式) フォルダー」を使用する。

選択したファイルを圧縮する
選択したファイルを圧縮する
  1. 圧縮するファイルやフォルダを選択する
  2. 選択したファイル(またはフォルダ)の上にマウスポインタを置いて、右クリックする
  3. 表示されたコンテクストメニューから、「送る」 をポイントする
  4. 表示されたサブメニューから、「圧縮 (zip 形式) フォルダー」 をクリックする
圧縮ファイルが作成された
圧縮ファイルが作成された

2. 圧縮ファイルに、別のファイルを追加する手順

圧縮ファイルに、新たにファイルを追加することもできる。

圧縮ファイルに、ファイルを追加する
圧縮ファイルに、ファイルを追加する
  1. 追加するファイル(やフォルダ)を選択する
  2. 選択したファイル(やフォルダ)を、圧縮ファイルへドラッグ&ドロップする

3. 圧縮ファイルを解凍する手順

3-1. すべて展開(解凍)する

  1. 圧縮ファイルを右クリックする
  2. 表示されたコンテクストメニューの「すべて展開(T)…」をクリックする
  3. 「圧縮(ZIP形式)フォルダーの展開」ダイアログボックスが表示される
  4. 「展開(E)」ボタンをクリック
圧縮ファイルが展開(解凍)された
圧縮ファイルが展開(解凍)された

3-2. 必要なファイルだけを取り出す

  1. 圧縮ファイルをダブルクリックする
  2. 圧縮ファイルの内容が表示される
  3. 必要なファイル(またはフォルダ)を、任意のフォルダへドラッグ&ドロップする

圧縮ファイルをダブルクリックすると、圧縮ファイルの内容が表示されるが、まだ展開(解凍)はされていない(見えているだけ)。この状態から、任意のファイル(またはフォルダ)を、マイドキュメントなどの別のフォルダにコピーすることで、ファイルが展開(解凍)される。

4. まとめ&留意事項

まとめ

  • 圧縮するには、右クリックして、「送る」 →「圧縮 (zip 形式) フォルダー」
  • 展開(解凍)するには、圧縮ファイルを右クリックして、「すべて展開(T)…」
  • 圧縮ファイルには、あとからファイルやフォルダを追加できる
  • 圧縮ファイルからは、必要なファイル(またはフォルダ)だけを取り出すこともできる

留意事項

残念ながら、WIndows標準の圧縮ファイルには、パスワード機能がない。暗号化された圧縮ファイルを操作するためには、Webサービスやオンラインソフトを使う必要がある。

暗号化されたファイルを圧縮した場合、展開(解凍)時に暗号化が解除されることがある。セキュリティの観点から、暗号化されたファイルを圧縮することはおススメできない。

デスクトップやフォルダの、なにもないところにマウスポインタを置いて右クリックし、「新規作成」から「圧縮(zip)形式フォルダー」をクリックして、空のZIPファイルを作ることもできる。圧縮してまとめたいファイルが、あちらこちらに散在しているときなど、わかりやすいところに空の圧縮ファイルを作っておいて、まとめたいファイル(やフォルダ)をドラッグ&ドロップで追加してゆく、という方法もある。

複数のファイルやフォルダをいちどに選択する方法については、【複数のファイルをいちどに選択する方法:Windows 7編】を参照されたい。

なぜ「圧縮」しなければならないのかについては、【なぜ、ファイルやフォルダを圧縮するのか??】を参照されたい。