IMG_0218sw

今回は、「Malwarebytes Anti-Malware(マルウェアバイト アンチマルウェア)」を紹介する。米国 Malwarebytes Corporation が提供する、マルウェア駆除ツールだ。無償版と有償版がある。あたりまえだけれど、当記事では無償版(フリー版)について説明する。

目 次

1. 「Malwarebytes Anti-Malware」をダウンロード・インストールする

  1. Malwarebytes社公式サイト」(下図)にアクセスする

    Malwarebytes社公式サイト
    Malwarebytes社公式サイト
  2. 「FREE VIRTION DOENLOAD」ボタンをクリックする
  3. ダウンロードが開始される(ファイルサイズは19MBほどある。環境によっては、少し時間がかかる)
  4. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、インストーラを起動する
  5. 画面の指示にしたがってインストールする
  6. インストールの最後のダイアログ(下図)で、「Malwarebytes Anti-Malware Premium版の無料トライアルを開始する。] オプションのチェックをはずす
    [Malwarebytes Anti-Malware Premium版の無料トライアルを開始する。] オプションのチェックをはずしておく(重要)
    「[Malwarebytes Anti-Malware Premium版の無料トライアルを開始する。] オプションのチェックをはずしておく(重要)
  7. 「完了」ボタンをクリックする
  8. 「Malwarebytes Anti-Malware (無償版)」が起動する(下図)

    「Malwarebytes Anti-Malware (無償版)」が起動した
    「Malwarebytes Anti-Malware (無償版)」が起動した

2. 「Malwarebytes Anti-Malware」を日本語化する

「Malwarebytes Anti-Malware」は、イントール直後は日本語化されていない。以下の手順で日本語化しておくとよいだろう。

  1. 画面上部の「Settings」メニューをクリックする
  2. 画面左の「General Settings」ボタンをクリックする
  3. 画面右ペインの「Language」をクリックする
  4. プルダウンメニューから「日本語」をクリックする(下図)
     [Malwarebytes Anti-Malware]を日本語化する
    [Malwarebytes Anti-Malware]を日本語化する

3. 「Malwarebytes Anti-Malware」でマルウェアを駆除する

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「Malwarebytes Anti-Malware」と開いて、「Malwarebytes Anti-Malware」をクリックして「Malwarebytes Anti-Malware」を起動する
  2. 「スキャン」タブをクリックする(下図)

    起動直後
    起動直後
  3. 「脅威スキャン」を選択して、画面右下の「今すぐスキャン>>」ボタンをクリックする(下図)

    「スキャン」画面
    「スキャン」画面
  4. マルウェアデータの更新がある場合、「更新が利用可能です」画面(下図)が表示されるので、画面右下の「更新」ボタンをクリックする。更新がない場合は、スキャンが実行される

    「更新プロセス」画面
    「更新プロセス」画面
  5. 更新が終われば、自動的にマルウェアのスキャンが実行される(下図)

    「スキャン中」画面
    「スキャン中」画面
  6. 「スキャン」が終われば、スキャン結果(ログ)が表示される
    「スキャン結果(ログ)」画面
    「スキャン結果(ログ)」画面(脅威ありの場合)

    「スキャン結果(ログ)」画面(脅威なしの場合)
    「スキャン結果(ログ)」画面(脅威なしの場合)
  7. マルウェアが検出されなかった場合、これ以上の処理は必要ない
  8. マルウェアが検出された場合、画面右下の「処理を適用」ボタンをクリックする
  9. マルウェアの削除が実行される

    マルウェアが削除された
    マルウェアが削除された
  10. 「アイテムの除去が完了しました。」と表示されたら、「メインメニュー」ボタンをクリックする
  11. マルウェアの削除を行った場合、PCの再起動を促すダイアログボックス(下図)が表示されるので、「はい」ボタンをクリックして、PCを再起動する

    再起動確認画面
    再起動確認画面
  12. PCの再起動後、「検疫」画面(下図)が表示される

    「検疫」画面
    「検疫」画面

「検疫」画面で表示されているアイテム(マルウェア)は、隔離されているだけで、PCから削除されてはいない。この状態でもマルウェアは活動できないけれど、いずれにしても不要なデータ群であるので、「すべて削除」をクリックして削除しておくとよいと思う。

4. 「Malwarebytes Anti-Malware」のまとめ

「Malwarebytes Anti-Malware」は、強力なマルウェア駆除ツールだ。無償版でも、有償版と同じ精度で、マルウェアを駆除してくれる。

念のために、事前に復元ポイントを作成しておこう。できるなら、レジストリもバックアップしておくのがよいと思う。当ブログでもときどき書いていることだけれど、「プランB」は常に必要だ。

「Malwarebytes Anti-Malware」の実行(スキャン)には、それなりの時間がかかる。低スペックのPCとか、HDDのデータ量が多いPCでは、1時間以上かかるかもしれない。スキャンは、いつでもキャンセル(または停止)できるので、昼休みや外出時間を使って、自分のPCではどのくらいの時間がかかるか把握して、お仕事に支障がでないように使ってほしい。

そのほかの迷惑ソフト対策ツールと組み合わせて使う

もちろん、「Malwarebytes Anti-Malware」も、万能ではない。駆除できないマルウェアもある。また、「Malwarebytes Anti-Malware」はスキャンに比較的時間がかかる。ほかの迷惑ソフト対策ツール「AdwCleaner」や、ブラウザ専用拡張機能削除ツール「Avast Browser Cleanup」を使ってみて、効果がないときに使うとよいと思う。

それでも状況が改善しないときは、個別の対応が必要になる。

アドウェア・マルウェア駆除ツール関連記事