image

今回は、画像の角を丸くしてくれるWebツール「RoundPic」の紹介。

《2015/01/10 追記》
iPad2(iOS7)で動作を確認。ただし、角丸の大きさを決めるスライダーは動作せず。
《2015/01/10 追記 ここまで》

角丸にした例。キッチリとアンチエイリアスされている(Picasa フォトビューアで231%に拡大)
角丸にした例。キッチリとアンチエイリアスされている(Picasa フォトビューアで231%に拡大)

RoundPic」は、単に画像の角を丸くしてくれるだけのWebツール。もちろん、同様のことは、各種の画像編集ソフトや、画像編集Webサービスでもできる。それでも、「RoundPic」のように、単機能Webツールは使いやすい。覚えておくとよいWebツールだろう。

1. RoundPic の使いかた

  1. RoundPic」にアクセスする
  2. 角を丸くしたい画像を選択する(下図)
    画像を選択する
    画像を選択する
  3. 「Round it!」ボタンをクリックする
  4. 必要に応じて、各パラメタを指定(入力)する
  5. もういちど「Round!」ボタンをクリックする(下図)
    画像サイズを幅160px、画質を100%、角丸半径を12px(最大)、ファイル形式をPNGとした例
    画像サイズを幅160px、画質を100%、角丸半径を12px(最大)、ファイル形式をPNGとした例
  6. 最適の効果を得るまで、手順4.・5. を繰り返す
  7. 「Download」ボタンをクリックして、加工された画像をダウンロードする(下図)
    角丸になった画像
    角丸になった画像

2. RoundPic のまとめ

  • 単機能で、使いやすい角丸加工専用Webツール
  • もちろんフリーで使える。メールアドレスの登録やサインインなど、めんどうな操作はいらない
  • ただし、複数の画像を一括処理することはできない
  • 角丸の半径を指定できる
  • 透過PNGファイルに変換できる(というか、PNGを選ぶと無条件に透過になる)
  • JPGファイルに変換するとき、背景色(規定値は白)を指定できる
  • 扱える画像ファイルの形式は、JPG・GIF・BMP・PNGの 4つ。現在、Webで主流となっているファイル形式は、すべて角丸加工ができる
  • リサイズができる
  • 画質を指定できる(ファイルサイズを小さく抑えたいときなどに便利)
  • アスペクト比(縦横の比率)は変更できない(あたりまえ、だね)
  • 四隅のうち、角丸にしない箇所を指定できる
  • 加工後のファイルサイズを表示してくれる、何気に親切な機能付き

3. オマケのまとめ

便利な機能としては、「リサイズ」ができること、それに、PNG形式で出力できることだ。リサイズ後のサイズは、いちいち入力しなければならない。それでも、角丸加工とリサイズが、同時にできるのは便利だと思う。

ただし、角丸の半径は、最大で12pxまで。比較的大きな画像では、角丸加工の効果が少ないかもしれない。

RoundPic」で、角丸にできる画像ファイルのサイズは 3MBまで。使う目的が、SNSやブログなどのプロフィール写真や、各種アイコン・ボタン、写真のサムネイルと考えれば、十分なサイズだと思う。