iphone-563067_640sw

iPhone を含むスマートフォンで、Webサイトを観ると、スマートフォン用の表示になっている。PCで同じWebサイトを表示すると、違いがよくわかる。

今回は、iPhone でWebサイトを観るときに、PCと同じ表示にするメモ。

どうしてこんなことをするのかというと、Webサイトによっては、PC(やタブレット)で表示したときにしか見えない部分があるから。たとえば、YouTube。iPhoneのSafariでYouTubeのWebサイトを表示すると、「再生リスト」の「すべて再生」ボタンが見えない!! まぁ、すなおにYouTubeアプリをインストールすればすむ、のだけれど…。

 

1. Safari の表示をPCと同じにする

  1. 目的のWebサイトを表示する
    Webサイトを表示(YouTubeの例)
    Webサイトを表示(YouTubeの例)
  2. URLが表示されているところをタップする
    お気に入りが表示される
    お気に入りが表示される
  3. 「お気に入り」が表示されているところを下にスワイプする
    下にスワイプしたところ
    下にスワイプしたところ
  4. 「デスクトップ用サイトを表示」をタップする
    表示がPCと同じになった(YouTubeの例)
    表示がPCと同じになった(YouTubeの例)
 

2. PCと同じ表示を元にもどす

いちどPCと同じ表示にした「タブ」は、もとにはもどらない。とりあえず「タブ」を閉じて、あらためて、新しい「タブ」で目的のWebサイトを表示するしかない。

混乱のもとになるので、PCと同じ表示にした「タブ」は、必要がなくなったら削除しておこう(下図)。

必要ないタブは閉じておくこと(この例では、一番上のタブ)
必要ないタブは閉じておくこと(この例では、一番上のタブ)
 

3. まとめ

  • 無料の専用アプリがあるから、こんなことしないで、アプリをインストールしようよ (T-T;)
  • PCと同じ表示になるのは、今観ているタブだけ。他のタブで表示しているWebサイトに影響はない
  • 「お気に入り」に何も登録していないと、文字の色が薄いので、一見なにもないように感じる(下図)
    「お気に入り」になにもないと、文字が読めない
    「お気に入り」になにもないと、文字が読めない
  • Android 端末の標準ブラウザ(Google Chrome)でも、同様のことができる
  • 一般に、PCと同じ表示にすると、一画面で表示される情報量は増える。Webサイトに応じて、自分の好みに応じて、使いわけるとよいと思う

今回の記事を書くのに使ったのは、iPhone 5s(iOS8.1)。「アイキャッチ画像はiPhone 6 だよね?!」なんて言わないでください m(_ _)m

それと、この機能は、iPhone に固有の機能か、またはiOS 8 以上の機能のようだ。iPad2 (iOS7)では動作しなかった。