outdoor_7_mikarika_sw

今回は、YouTube の「チャンネル アート」の作成についてのメモ。

「チャンネル アート」の作りかたについては、Youtube のヘルプを参考にした。ヘルプページはこちら → チャンネル アートの作成

チャンネル アートの作成 (YouTube ヘルプページ)
チャンネル アートの作成
(YouTube ヘルプページ)
 

1. チャンネル アートの画像サイズと、テンプレート

画像のサイズだけれど、同ヘルプページによると、2560 × 1440 ピクセル。

意外に大きい。これは、テレビからスマートフォンまで、すべてのデバイスの表示(含むRetina ディスプレイ)に対応するためなんだそうだ。

親切なことに、同ヘルプページにはテンプレートが用意されている。「Fireworks」版と「Photoshop」版がある。自分の環境に合わせて、同ヘルプページからダウンロードできる(下図)。

テンプレートをダウンロードする
テンプレートをダウンロードする

ここで、Windows PC を使っているなら、注意することがひとつ。ダウンロードしたテンプレートには、拡張子が付いていない。おそらく、Mac OS で作成されたためだろう。Windows PC で使うには、拡張子をつける必要がある。ダウンロードしたテンプレートのファイル名のあとに「.psd」とつけてあげよう。

下図は、Photoshop(Windows 版)で、テンプレートを開いたところ。

チャンネル アートのテンプレート
チャンネル アートのテンプレート
 

2. チャンネル アートの作成(Photoshop 編)

チャンネル アートは、ダウンロードしたテンプレートにしたがって作成したほうが、間違いがないだろう。

  1. 画像サイズがテンプレート(2560 X 1440 ピクセル)より大きい画像を用意する
  2. Photoshop でテンプレートを開く
  3. レイヤを追加する
  4. 追加したレイヤに、用意した画像を貼り付ける
  5. 画像レイヤの「塗り」を調整して、テンプレートが透けて見えるようにする
  6. 各表示域が最適になるように、画像の位置を調整する
  7. テンプレートレイヤを削除、画像レイヤの「塗り」を100%に戻して、「jpg」形式で、名前をつけて保存する

テンプレートは、表示域の充分なめやすになるけれど、作成前に同ヘルプページの「各種デバイスでのチャンネル アートの表示」を観ておくべきだろう。親切なことに、デバイスごとに、チャンネル アートの表示例が示されている(下図)。より直感的な操作で、チャンネル アートを作成できると思う。

youtube0030

 

3. まとめ(というか、あとがき)

  • チャンネル アートの画像サイズは、2560 × 1440 ピクセル、このうち、文字列やロゴ画像を表示する範囲は、1546 × 423 ピクセル
  • Photoshop 版のテンプレートのバージョンは不明。とりあえずWindows 版 Photoshop CS5 で動作は確認できた
  • テンプレートが、「Fireworks」版と「Photoshop」版の 2種類しかない。この時点ですでに、ハードルは高い。まあ、Word版やExcel版を作れ、とはいえないけれど…。
  • チャンネル アートの画像形式については、同ヘルプページ内には指定がない。今回は、jpg 形式で作成した。元になる画像が充分に大きければ(テンプレートより大きなサイズの画像であれば)、画質に関しては(jpg 形式であっても)問題なることは少ないと思う。
  • Fireworks は持ってないので、テンプレートのバージョンなどの確認ができません m(_ _)m
  • アイキャッチ画像に特に意味はありません m(_ _)m