restoration+-401605esw

今回は、システムの「復元ポイント」を作成するメモ。

「復元ポイント」を作っておけば、PCの状態を、いつでもその時点に戻すことができる。たとえば、フリーソフトをインストールしたらPCの調子が悪くなったときとか、突然のフリーズで、PCをむりやり手動で再起動したときなど、なにかPCがおかしな動作をするときは、「システムの復元」をすることで解決できることもある。

フリーソフトのインストールなど、PC(のシステム)になにかの変更を加える前に、とりあえず、システムの「復元ポイント」をつくるようにしたほうがよい、と思う。

1. 復元ポイントを作成する手順

  1. スタートボタンをクリックして、「コントロールパネル」をクリックする
  2. 「システムとセキュリティ」をクリックする

    コントロールパネル
    コントロールパネル
  3. 「システム」をクリックする

    システムとセキュリティ
    システムとセキュリティ
  4. 「システムの保護」をクリックして、「システムのプロパティ」ダイアログを開く

    システム
    システム
  5. 「保護設定」が「有効」になっていることを確認して、「作成」ボタンをクリックする

    システムのプロパティ
    システムのプロパティ
  6. 「復元ポイントの作成」ダイアログが表示されるので、わかりやすい復元ポイントの名前を入力して、「作成」ボタンをクリックする。このとき、日時は自動的に付加されるので、入力する必要はない

    復元ポイントの作成
    復元ポイントの作成
  7. 復元ポイントの作成が始まる

    復元ポイント作成中
    復元ポイント作成中
  8. 「復元ポイントは正常に作成されました」と表示されたら、「閉じる」ボタンをクリックする

    復元ポイントが作成された
    復元ポイントが作成された

以上で、復元ポイントの作成は終了。次に、作成された復元ポイントを確認してみる。

2. 作成した復元ポイントを確認する手順

  1. 「システムのプロパティ」ダイアログ(システムの保護タブ)で、「システムの復元」ボタンをクリックする
  2. 「システム ファイルと設定の復元」ダイアログが表示されるので、「次へ」ボタンをクリックする
  3. 復元ポイントの一覧が表示されるので、作成した復元ポイントが作成されていることを確認できる

    復元ポイントの一覧
    復元ポイントの一覧
  4. 「キャンセル」ボタンをクリックして、復元ポイントの作成を中止する

3. システムの保護を有効にする手順

「復元ポイント」を作成するには、「システムの保護」が「有効」になっていることが前提だ。もしも「システムの保護」が「無効」になっていたら、以下の手順で「有効」にしておこう。

システムの保護が無効になっている
システムの保護が無効になっている
  1. 「システムのプロパティ」ダイアログで、復元ポイントを作成するドライブ(通常は C ドライブ)を選択する
  2. 「構成」ボタンをクリックする

    システムの保護対象
    システムの保護対象
  3. 「システム設定とファイルの以前のバージョンを復元する」ラジオボタンをクリックする
  4. 「ディスク領域の使用量」スライダで、復元ポイントで使うディスク容量を設定する

    システムの保護を設定する
    システムの保護を設定する
  5. 「適用」ボタンをクリックして、「OK」ボタンをクリックする
  6. 「システムのプロパティ」ダイアログ(システムの保護タブ)で、「保護設定」が「有効」になっていることを確認する

    システムの保護が有効になっていることを確認する
    システムの保護が有効になっていることを確認する

復元ポイントは、復元ポイントを作成するドライブに保存される。復元ポイントが専有する容量は、意外に大きい。搭載しているドライブの空き容量をみながら、空き容量が極端に少なくならない程度におさめよう。一般にHDDには、10%以上の空き容量がいつも確保されていることが望ましいとされている。

3. 復元ポイントのまとめ

「復元ポイント」は、ある時点のPCのシステムファイルの状態を保存していたもの。「復元ポイント」に保存されるものは、レジストリの情報、インストール/アンインストールされたプログラム・各種のドライバなどの、Windows OS が動作するために必要な情報だ。

ここで留意しておくべきは、「復元ポイント」では、ユーザのファイル(メール・WordやExcelで作成した文書・写真や動画など)は保存されない、ということ。つまり、ユーザのファイルは、「システムの復元」では復元されない。

システムに改変が加えられなければ、自動的に 7日ごとに(10分以上、PCがアイドリング状態であることが条件)「復元ポイント」が作成される。いつでも、1周間前には戻れることになる。また、Windows Update をしたときにも作成される。

「復元ポイント」をつくる操作は、そんなに難しくはないし、そんなに時間もかからない。フリーソフトをインストールするときや、ドライバをインストールするときには、今回の手順で「復元ポイント」をつくっておくとよいと思う。