end-588614_640swe

Google Chrome で Web サイトからファイルをダウンロードするとき、ときどき「○○○○は不正なファイルです。Chrome はこのファイルをブロックしました。」と表示され、ダウンロードできないことがある(下図)。これは、Chromium 派生ブラウザ(*1)でも(あたりまえだけれど)同じく発生する。確認できたのは「SPWare Iron」と「Kinza」。今回は、Google Chrome を含む Chromium 派生ブラウザで、ダウンロード時に「○○○○は不正なファイルです…」となるときの回避策をメモ。

ダウンロードしようとしたらエラーになる(SPWare Iron の例)
ダウンロードしようとしたらエラーになる(SPWare Iron の例)


*1. 「Chromium 派生ブラウザ」
Chromium(クロミウム)と呼ばれるオープンソースの Web ブラウザをもとに開発された Web ブラウザの総称。

 

1. 回避策その1: Opera を使う

単純に、Web ブラウザを Chromium 派生ブラウザでないものに変えてダウンロードしてみる。「 Opera 」では、ダウンロードできた。

今回の場合は、「 Firefox 」でも、エラーとなってダウンロードできなかった。

 

2. 回避策その2: Chromium 派生ブラウザでがんばってみる

ダウンロードできないのは、Chromium 派生ブラウザのセキュリティが厳しく、ユーザをキッチリ守ってくれているからだ(と思う)。ただ、厳しすぎるからか、ごくまれに、今回のようにダウンロードができないことになってしまうことがある。

幸いなことに、Chromium 派生ブラウザでは、「フィッシングや不正なソフトウェアからの保護を有効にする」機能をオフにできる。

  1. メニューを開いて、「設定」をクリックする
    メニューを開いて「設定」をクリック
    メニューを開いて「設定」をクリック
  2. 少し下にスクロールして、「詳細設定を表示…」をクリックする
    「詳細設定を表示...」をクリック
    「詳細設定を表示…」をクリック
  3. 「フィッシングや不正なソフトウェアからの保護を有効にする」のチェックをはずす
    「フィッシングや不正なソフトウェアからの保護を有効にする」のチェックをはずす
    「フィッシングや不正なソフトウェアからの保護を有効にする」のチェックをはずす
  4. 再度、ダウンロードする
    ダウンロードができた
    ダウンロードができた

もちろん、必要なファイルをダウンロードしたら、「フィッシングや不正なソフトウェアからの保護を有効にする」のチェックは元にもどしておこう。PC の安全のために。

 

3. まとめ(というか、あとがき)

あたしは、標準ブラウザは「 Opera 」にしている。旧世代のPCや、マシンパワーに劣るPCでは、表示の早さを優先しているからだ。

「 Firefox 」で、ダウンロードできる場合もある

今回のメモで、Web ブラウザがいくつかでてきたけれど、「 Internet Explorer 」と「 Safari 」はでてこない。「 Safari 」がでてこない理由は、あたしは「 Safari 」を Windows PC にはインストールしていないから。「 Internet Explorer 」については、必要に迫られないと使わないから。

ただ「 Opera 」も、次期バージョンでは、「メール機能」が復活してしまうとか、いろいろな機能が追加されるとか、噂になっている。で、昔は国産 Web ブラウザを愛用していたこともあって、「 Lunascape (ルナスケープ)」や「 Sleipnir (スレイプニール)」、それに「 Grani (グラニ)」などの国産 Web ブラウザに戻ろうと思っていた。そこに登場したのが「 Kinza (キンザ)」。注目すべき Web ブラウザかもしれない。