IMG_0202swel

プライベートでは Mac を、お仕事では Windows を使っている。こんなひとは、けっこういらっしゃるのではないだろうか。Mac の使い勝手の良さは、ひとによってそれぞれだろうけれど、あたしの場合、理由のひとつ(それも重要な)に、「日本語 IME 」の切り替えが、Mac はとってもカンタンだ、ということがある。

Windows PC では、通常なら、英数入力とかな入力の切り替えには「半角/全角」キーを使う。

Mac の場合は、スペースバーの左右にある「英数」キーと「かな」キーを使う(下図)。これはとってもラク。慣れてしまうと、「半角/全角」キーは使いにくく感じるようになる。

日本語 IME の切り替えに使う「英数」キーと「かな」キー( MacBook Pro の例)
日本語 IME の切り替えに使う「英数」キーと「かな」キー( MacBook Pro の例)

で、今回は、Windows キーボードの「英数」キーに「 IME をオフ」、「かな」キーに「 IME をオン」の機能にしてしまう方法のメモ。とくに、Mac と Windows を使い分けている(使い分けねばならない)ひとのために…。

 

1. 英数/かな切り替え(日本語 IME の切り替え)を「無変換」と「変換」に割り当てる手順

  1. 「言語バー」の「オプション」ボタン(下向きの、小さな黒い▼)をクリックして、コンテクストメニューの「設定」をクリックする(下図)
    「言語バー」の「オプション」ボタンうぃクリックして、「設定」をクリック
    「言語バー」の「オプション」ボタンうぃクリックして、「設定」をクリック
  2. 「テキスト サービスと入力言語」ダイアログで、自分が使っている日本語 IME を選択して、「プロパティ」ボタンをクリックする(下図)
    使用中の日本語 IME を選択して、「プロパティ」ボタンをクリック
    使用中の日本語 IME を選択して、「プロパティ」ボタンをクリック
  3. IME の「プロパティ」ダイアログが表示されるので、「キー設定」欄の「編集」ボタンをクリックする(下図)
    「キー設定」欄の「編集」ボタンをクリック
    「キー設定」欄の「編集」ボタンをクリック
  4. 「日本語入力キー設定」ダイアログで「Muhenkan(無変換)」を探す(下図)
    「Muhenkan(無変換)」を探す
    「Muhenkan(無変換)」を探す
  5. 「コマンド」列をダブルクリックして、プルダウンメニューから「半角英数に入力変換」を選択する(下図)
    プルダウンメニューから「半角英数に入力変換」を選択
    プルダウンメニューから「半角英数に入力変換」を選択
  6. 同様に、「Henkan(変換)」を探して、「コマンド」列の内容を「ひらがな入力に切替」に変更する(下図)
    「henkan」を探して「ひらがな入力に切替」に変更
    「henkan」を探して「ひらがな入力に切替」に変更
  7. 「 OK 」ボタンをクリックする
  8. メッセージダイアログが表示されるので、「 OK 」ボタンをクリックする(下図)
    メッセージが表示されたら「 OK 」ボタンをクリック
    メッセージが表示されたら「 OK 」ボタンをクリック
  9. IME の「プロパティ」ダイアログが表示されたら、「適用」ボタンをクリックして、「 OK 」ボタンをクリックする(下図)
    「適用」ボタンをクリックして、「 OK 」ボタンをクリック
    「適用」ボタンをクリックして、「 OK 」ボタンをクリック

以上で、「無変換」キーと「変換」キーで、英数/かな切り替え(日本語 IME の切り替え)ができるようになった。ただし、機能するのは、この操作以降に起動するアプリケーションに対してだけ。すでに起動しているアプリケーションには効果がない。ログオフして再度ログオンするか、いちどアプリケーションを終了しよう。

 

2. Microsoft IME の場合

前節は、日本語 IME が、「 Google 日本語入力」の場合の説明だ。「 Microsoft IME 」の場合も、手順は同様だけれど、ダイアログが用語がやや異なる。以下に画面の例をあげておくので、参考にしてほしい。

「 Microsoft IME 」の場合の例(「プロパティ」ダイアログ)
「 Microsoft IME 」の場合の例(「プロパティ」ダイアログ)

「 Microsoft IME 」の場合(「詳細プロパティ」ダイアログ)
「 Microsoft IME 」の場合(「詳細プロパティ」ダイアログ)

「 Microsoft IME 」の場合(「機能選択」ダイアログ)
「 Microsoft IME 」の場合(「機能選択」ダイアログ)

「 Microsoft IME 」の場合(「無変換」の機能が「 IME- オフ」になった)
「 Microsoft IME 」の場合(「無変換」の機能が「 IME- オフ」になった)

 

3. まとめ

あたしは古い人間なので、「 Esc 」キーや「 Tab 」キーは多用する。このとき、どうしても「半角/全角」キーは、ジャマになることも多い。

そんなに難しい設定でもないので、「 Windows しか使わないよ!!」ってひとにも、ぜひ試していただきたい。タイピングは(とくに英文まじりの入力では)とってもラクになる(と思う)。

Windows PC で Apple キーボードを使うときには、ここで説明した設定以外に、多くのキーの割り当てを変えなければならない(そもそも Apple キーボードには「半角/全角」キー、「Print Screen(PrtScr)」キーなどがない)。なので、オンラインソフト(フリーソフト)「 AppleKbWin 」を使う。キーの割り当てを、自動的に変更してくれるソフトだ。ある程度は、自分の好みに応じてカスタマイズできる。開発は止まっているようだけれど、Windows 7 での動作は確認した。別記事にてアップする予定。

 

4. オマケのまとめ

世間は「ヨノナカ(*1)」ですね。Mac に Windows キーボードをつないで使っているひともいるようです。「どうやって?!」「オレもそうしたいゼ!!」ってかたは、こちらを参照してください → 【 WindowsキーボードをMacで使う

*1. 出典:「宗像教授異考録 第十四集( BIG COMICS SPECIAL )」第3話