donotenter_img0187emw

世の中には、『プログラミング用フォント』というものがある。Macintosh には、「Osaka」という視認性・可読性に優れたフォントがある。Windows にも同じようなフォントは、あるにはあるのだけれど、視認性や可読性がイマイチなのが残念だ。

そこで、『プログラミング用フォント』をインストールして使うことになるのだ。今回は「Myrica(ミリカ)」を使ってみたら、かなり読みやすくなったので紹介。

 

1. Myrica :プログラミング用フォント

プログラミング用フォント「Myrica(ミリカ)」については、本家サイトにくわしい説明がある。興味があるひとは、そちらを参照していただきたい。

ここでは、どのようなフォントなのか、カンタンに紹介する。

1-1. フリーフォントである

  • 「Myrica(ミリカ)」フリーで使える日本語フォント。とくにビルドする必要もない。ダウンロード → 解凍 → インストールで、すぐ使える。

1-2. 一部の間違いやすい文字には、細かく調整がなされている

  • たとえば、漢数字の「二」とカタカナの「ニ」の区別、「バ」と「パ」、「ば」と「ぱ」など、区別しやすくなっている。

1-3. 小さなサイズでも読みやすい

  • 英数字・カタカナ・ひらがなにヒンティング情報が付加されていて、小さなサイズでも読みやすい。
プログラミング用フォント「Myrica」
プログラミング用フォント「Myrica」
小さなフォントサイズでも読みやすい
小さなフォントサイズでも読みやすい
 

2. Myrica :個人的なおススメポイント

2-1. 「D」にクロスバーが付いている
個人的には、これがけっこう重要なおススメポイント。クロスバーがついた「D」は、「でー」と読みたい、「でぃー」ではなく。

2-2. 縦棒「|」が破断線になっている
これも、けっこう重要なポイント。読みやすさがかなり違ってくる(と思う)。

 

3. Myrica :まとめ

「Myrica(ミリカ)」のダウンロードは本家サイトからどうぞ。

「Myrica(ミリカ)」のインストールは、ほかのフォントのインストールと同じ(下図)。

フォントのインストール
フォントのインストール

「Myrica(ミリカ)」には、「Myrica.ttc(源真ゴシックベース)」と「MyricaM.ttc(Mgen+ ベース)」とがある。どちらを使うかはお好みで。

最後になりましたが、「源真ゴシック」と「 Mgen+ 」の作者である自家製フォント工房さん、「 M+ OUTLINE FONTS 」の作者である FONTS PROJECT さんに感謝します。