s092252swer

7z が解凍(展開)できない!?」というヘルプ依頼があったので、対応をメモ。

今回は、フリーソフト「 7-Zip 」を使用した。

1.「 7z 」とは

「 7z (セブン・ジップ)」は、「 ZIP 」形式のひとつで、今日では、海外でフツーに使われている圧縮ファイルの形式のひとつ。以下の長所があることから、海外では普及が進んだ。

  • 高い圧縮率
  • Unicodeファイル名に対応
  • 多様な暗号化に対応
  • 比較的大きなファイルの圧縮が可能

Windows 7 から、「 ZIP 」形式のファイルは、標準でサポートされるようになった。圧縮・展開に、専用ソフトの必要がなくなった、ということ。ただし、今のところ「 7z 」はサポートされていない。なので、「 7z 」を展開するために、専用ソフトが必要になる。有名なは専用ソフトに「 7-Zip 」がある。

1. 7-Zip :「 7z 」を展開するフリーソフトのダウンロードとインストール

7-Zip 」を公式サイトからダウンロードする(下図)。

7-Zip 公式サイト
7-Zip 公式サイト

ダウンロードファイルには、「 exe 」形式と「 msi 」形式がある。ファイル形式が違うだけで、内容は同じだ。セキュリティの厳しい(しっかりした)サーバ配下にある PC や、それなりのウィルス対策がなされている PC などでは、「 exe 」形式のファイルはダウンロードできないことが多い。「 msi 」形式をダウンロードすることをおススメする。

ダウンロードしたら、ファイルをダブルクリックしてインストールする。

2. 「 7z 」形式の圧縮ファイルを解凍(展開)する

「 7z 」形式の圧縮ファイルを展開する手順は以下のとおり。

展開したい圧縮ファイルをポイントして右クリック
コンテクストメニューから「 7-Zip 」→「展開…」を選択(下図)

展開するファイルを右クリック
展開するファイルを右クリック

「展開」ダイアログが表示されるので、必要に応じて展開先のフォルダなどを指定する(下図)
「展開」ダイアログボックス
「展開」ダイアログボックス

「 OK 」ボタンをクリックする

「展開…」と「ここに展開」の違い

上記手順のように「展開…」を選択すると、フォルダ(名前はファイル名)が作成され、そのフォルダ内にファイルが展開される(下図)。

フォルダが作成される
フォルダが作成される

「ここに展開」を選択すると、同一フォルダ内にファイルが展開される(下図)。

同一フォルダ内に展開された
同一フォルダ内に展開された

展開されるファイルが少ない場合や、同一フォルダ内にもともとファイルが少ないときは、そんなに混乱はしないかもしれない。しかし、慣れるまでは「展開…」を選択して、展開先のフォルダを指定するほうがよいと思う。展開されたファイルともとからあるファイルが混在してしまうので、作業効率が低下したり、ファイルの選択ミスの可能性が高くなるからだ。

コンテクストメニューの「 ”xxxxxxxx¥” に展開」を選択すると、無条件に ”xxxxxxxx” フォルダが作成され、ファイルが展開される( xxxxxxxx は選択した圧縮ファイルのファイル名)。これは、「展開…」を選択して、「展開」ダイアログでなにも変更せずに「 OK 」ボタンをクリックしたときと同じ結果になる。慣れてきたら、別のフォルダに展開したいときは「展開…」を選択、同一フォルダ内に展開したいときは「 ”xxxxxxxx¥” に展開」を選択と、使い分ければ活用できるだろう。

3. 「 7z 」のまとめ

  • 「 7z 」は、圧縮(アーカイブ)ファイルの一形式
  • Windows 7 標準機能では、解凍(展開)できない
  • 「 7z 」は、海外のファイル配布サイトなどでよく使われている

めったに使うことのない圧縮ファイルのためだけに、専用ソフトをインストールしたくなければ、Web サービスを使う、という手段もある。次回のメモで、使い方などを紹介する予定。

ただ、「 7-Zip 」は、「 LZH 」形式も解凍(展開)できる(圧縮はできない)。国内では「 LZH 」形式で圧縮されることが多いけれど、自分は「 ZIP 」形式でしか圧縮しないというひとは、「 7-Zip 」を(「 TAR 」「 RAR 」にも対応していることだし、)インストールしておくのもよいかもしれない。