bd8dd40aedd4a6196298b6fead832207_s

Windows OS や MS Ofice のプロダクトキーをなくしてしまって、再インストールに苦労した、なんてことはよくあることだと思う。といって、プロダクトキーを調べる海外製のフリーソフトをインストールするには、どうも不安がある。

そんな場合に安心して使えるVBスクリプトが公開されていたので、ご紹介。参照元はこちら → パソコン好きのつぶやき 気が向いたら小ネタを書くブログ

1.「 productkey.zip 」をダウンロードする

まず、スクリプトなど一式をダウンロードする。ダウンロードするのは、「 productkey.zip 」という圧縮ファイル。ダウンロードはこちらのブログ記事から → 『プロダクトキー(product key)の保存 – パソコン好きのつぶやき』

2. ダウンロードした「 productkey.zip 」を解凍(展開)する

ダウンロードしたら、「 productkey.zip 」を解凍(展開)する。Windows OS の場合、ダウンロードしたファイルは、(標準では)専用のフォルダに保存される。

下図は、解凍(展開)したフォルダを開いたところ。

「 productkey.zip 」を解凍(展開)したところ
「 productkey.zip 」を解凍(展開)したところ

3. 「 keydecode.vbs 」を実行する

解凍(展開)したフォルダには、みっつのファイルがある。

「 keydecode.vbs 」は、スクリプト言語で書かれたスクリプト本体(ソース)。「 よんでください.txt 」は、注意事項などをまとめたテキストファイル。そして「 管理者で実行.bat 」は、「 keydecode.vbs 」を実行するためのバッチファイルだ。

スクリプトを実行する手順は以下のとおり。

  1. 「 keydecode.vbs 」を実行するには、バッチファイル「 管理者で実行.bat 」を右クリックして、「管理者として実行」をクリックする(下図)

    スクリプトを実行する(バッチファイルを実行する)
    スクリプトを実行する(バッチファイルを実行する)
  2. 実行結果がダイアログボックスに表示される(下図)

    実行結果ダイアログ
    実行結果ダイアログ
  3. テキストファイルに保存するには「はい」ボタンをクリックする。保存しない場合には「いいえ」ボタンをクリックする
  4. 「印刷処理」ダイアログが表示されるので、このまま印刷するには「はい」ボタンをクリックする。印刷しない場合には「いいえ」ボタンをクリックする(下図)

    印刷ダイアログ
    印刷ダイアログ
  5. 「処理完了」ダイアログが表示されるので、「 OK 」ボタンをクリックする(下図)

    完了報告ダイアログ
    完了報告ダイアログ
  6. テキストファイルに保存した場合、テキストファイルはデスクトップに保存される(下図)。ファイル名は「コンピュータ名」となる

    実行結果のテキストファイルは、デスクトップに保存される
    実行結果のテキストファイルは、デスクトップに保存される

4. まとめ

  • 保存された実行結果は、コンピュータ名をファイル名とした「テキストファイル」として、デスクトップに保存される。メモ帳など、好きなテキストエディタで開いて確認・印刷できる(下図)
    抽出したプロダクトキーをテキストエディタで参照
    抽出したプロダクトキーをテキストエディタで参照
  • 国産VBスクリプトなので、安心して使える。海外製の同種ツールを使うより簡単
  • VBスクリプトなので、とくにインストールなどは必要ない
  • インストールしないので、アンインストールも必要ない。つかわなくなったら、ダウンロードした圧縮ファイルと、解凍(展開)結果のフォルダを削除するだけ
  • 残念ながら、MS Office 2013 には対応していない
  • 動作確認ができたのは、いまのところ Windows 7 32bit 、同 64bit、MS Office 2003、同 2007、同 2010。これら以外は環境がないため未確認
  • 安心・便利なVBスクリプトを公開していただいてありがとうございます m(_ _)m > パソコン好きのつぶやき 気が向いたら小ネタを書くブログ
  • 一部対応できていない製品やバージョンもある。くわしくはブログ「パソコン好きのつぶやき 気が向いたら小ネタを書くブログ」を参照のこと