iOS 無料カーナビアプリ比較 : Yahoo! カーナビ + ナビロー ( 1/2 )』からの続き

目 次

3. 特長と傾向、設定項目

3-1. ナビロー:斬新な ハニカム UI

ナビローのハニカム UI はかなりユニークというか、とっても新鮮だ。どこにいても「現在地」が中心にくるので、目的地までの距離と方位が直感的にわかる。ただし、「自宅」はいつでも「現在地」の近くに表示される(色も違う)ので、どこにいてもすぐにタップできる。

ナビロー:ハニカム UI
ナビロー:ハニカム UI

案内中の操作もハニカム UI のメニューで行う。

ナビロー:ハニカム UI
ナビロー:ハニカム UI

3-2. Yahoo! カーナビ:経由地の設定が可能

Yahoo! カーナビでは、経由地の指定が最多 3箇所まで設定できる。

Yahoo! カーナビ:経由地の設定
Yahoo! カーナビ:経由地の設定

指定した経由地は、入れ替えが可能だ。ただし、経由地は「ナビ開始」をタップする前に指定しておかなければならない。

3-3. Yahoo! カーナビ + ナビロー:路線選択の傾向

3-3-1. ナビローは距離優先で細い道でも案内する

Yahoo! カーナビに比べると、ナビローは細い道を選択する傾向がある(距離を優先しているのか??)。下図は、同じ地点で同じ目的地までの案内画面。ナビローが案内しているのは旧道で、いまでは住宅地になっている細い道路だ。地元の知っている道ならともかく、知らない街では走行に注意したい。また、夜間の運転にも注意したい。

Yahoo! カーナビ:信号のある広い道を案内
Yahoo! カーナビ:信号のある広い道を案内
ナビロー:狭い道(旧道)を案内
ナビロー:狭い道(旧道)を案内

3-3-2. Yahoo! カーナビは一般優先を選択すると峠越えの山路を案内することも…

Yahoo! カーナビは、「一般優先」で路線を選択したとき、高低差を無視して、峠越えの山路を距離優先でルートを設定することがある。

「一般優先」では、峠越えのルート
「一般優先」では、峠越えのルート

上図は、「一般優先」で峠越えのルートになった場合の例。いくら距離優先でも、きつい高低差やタイトなコーナーが続く狭くて暗い山路を案内されてはたまらない。「県道」だからルート選択の候補になっているのかもしれないけれど、とてもおすすめできる道ではない。「おすすめ」を選択したほうが無難だと思う。

3-4. Yahoo! カーナビ + ナビロー:設定項目

どちらのカーナビアプリもさまざまな設定ができる。それぞれの設定メニューを見てみよう。

3-4-1. Yahoo! カーナビ:設定項目

Yahoo! カーナビ:設定メニュー
Yahoo! カーナビ:設定メニュー

特徴として、スピード注意情報がある。これは、オービスなどの取り締まり地点ではなく、スピードが出やすい区間を案内してくれる、という機能らしい。

Yahoo! カーナビでは、地図上に表示する施設を細かく設定できる、

Yahoo! カーナビ:施設表示設定メニュー
Yahoo! カーナビ:施設表示設定メニュー

3-4-2. ナビロー:設定項目

ナビロー:設定メニュー
ナビロー:設定メニュー

ナビローでは、ノースアップ固定は設定メニューで行う。

また、(別途にダウンロードしなければならないけれど)ナビの音声も選ぶことができる、「京都弁」や「津軽弁」はともかく、「沖縄弁」はなにを言っているのかよくわからない (^-^;)。地元の方々ならだいじょうぶだろうけれど、そうでないなら気をつけよう。

個人的におすすめなのは「京都弁」。なんだか自然に安全運転になってしまうのだ (^ ^;)。

ナビロー:ナビ声切替
ナビロー:ナビ声切替

3-5. ナビロー:縮尺が変わる地図

ナビローは、地図交差点や分岐点に近づくと地図が拡大表示される。走行中も、時速.50Km を境にして地図が拡大・縮小される。最初はちょっとおどろくけれど、慣れてしまえば便利だと思う。

3-6. Yahoo! カーナビ + ナビロー:文字・アイコンの表示など

Yahoo! カーナビのほうが ナビローより、文字やアイコンが大きめに表示される。見やすさだけなら Yahoo! カーナビ のほうが見やすいと思う。

ただし、ナビローは町名や地番まで地図上に表示してくれる。徒歩でのナビを考慮しているためだろうか。

4. 無料カーナビアプリ まとめ

細かな設定や特徴は、各アプリの Web サイトと、次節の「無料カーナビアプリ 比較表」を参考にしていただくとして、ここでは、実際に使ってみて思ったことをまとめてみる。

  •  ナビローのほうが 、Yahoo! カーナビより起動時間が短い。独自技術で実現した省パケットデータ通信の効果だと思う。地図の表示も、 Yahoo! カーナビのほうがすこしだけ遅いようなカンジだ
  • ナビローは「カーナビと同等のナビゲーション」の無料アプリとうたっているけれど、公式 Web サイトの紹介ムービーの最後に小さく、「将来的に有料コンテンツを追加する予定です」と書かれているのが気になる
  • ナビローは、オービスの位置も音声とアイコンで注意してくれる
  • Yahoo! カーナビでは、国道・県道番号(○○号線)を表示してくれる
  • レーン案内表示は、ナビローよりYahoo! カーナビのほうが多い(と思う)
  • ナビローはドライブレコーダー機能も搭載している。いつか使ってみたい(今はスマホスタンドの関係でできない)
  • ナビローは、AR モードも搭載しているけれど、運転中は使わないほうがいいと思う、あぶないから。おそらく、ナビゲータが使うことが前提なのだろう
  • Yahoo! カーナビは、一度バックグラウンドにすると、復帰するときに落ちることが何度かあった。まあ、iPhone 4S は正式には対応していないから、しかたがないことかもしれない
  • ナビローも、バックグラウンドから復帰するときに、案内がキャンセルされて、スタート地点がリセットされることがある
  • ナイトモードは、Yahoo! カーナビのほうが見やすいと(個人的には)思う。ナビローはすこし暗くなるだけなので、、、
  • 高速道路表示は、ナビローのほうが(個人的には)見やすいと思う。 Yahoo! カーナビは、縦画面で使うのが前提なのかもしれない
  • カーナビは、やっぱり横置きだよね (^_^)v

ついでなので、mapipo の表示例を紹介しておく。アプリ内課金があるので完全無料とはいえないけれど、たんに広告を非表示にするだけの課金で、カーナビの機能が制限されているわけではない。 Google マップが好きなひとに向いているかも、、、。

mapipo
mapipo

今回取り上げたカーナビアプリの中では、 2画面表示ができるのは mapipo だけだ。

5. 無料カーナビアプリ 比較表

mapipo を含めた無料カーナビアプリの機能を比較して表にしてみた。

無料カーナビアプリ 比較表
無料カーナビアプリ 比較表

PDF のダウンロードはこちらから → 無料カーナビアプリ 比較表


今回使用した端末は iPhone 4S ( iOS 9.2 ) + BB.excite モバイル LTE 0MB。 BB.excite モバイル LTE 0MB は、回線速度が上下 200KB 固定の低速回線だ。


以上、カーナビアプリ選びの参考になれば幸いです m(_ _)m。