今回は、Windows 10 インストール DVD をつくるメモ。

Windows 10 への無償アップグレードは、2016年 7月29日に終了する。日本マイクロソフト社は「(無償アップグレード期間の)延長は絶対ない」と発表している。

メインマシンとしてつかっている Let’s note CF-SX2 は、Windows 10 へのアップグレードはメーカー対象機種ではない。それでもいつかは Windows 10 にアップグレードするつもりでいたのだけれど、もう残り時間も少なくなってきた。それで、とりあえず Windows 10 のインストール DVD だけ、先につくっておくことにした。アップグレードするときに、 Windows 10 をダウンロードする時間が節約できるはずだ。

1. Windows 10 をダウンロードする

Windows 10 は、Microsoft 社が提供するツールを使ってダウンロードする。

1-1. ツールをダウンロードする

  1. Microsoft 社の Web ページ「 Windows 10 を入手する」へアクセスする
  2. 同ページをすこし下へスクロールして、「ツールを今すぐダウンロード」ボタンをクリックする(下図)

    win10_0030
    「ツールを今すぐダウンロードする」をクリック

1-2. Windows 10 をダウンロードする

  1. ダウンロードしたルツールを起動する
  2. 画面の指示にしたがってダウンロードをすすめる
    win10_0120
    ライセンス条項に同意する
    win10_0140
    「他の PC 用にインストールメディアをつくる」を選択
    win10_0153
    エディションとアーキテクチャ( 32 ビット版 または 64 ビット版)を選択

    win10_0160
    「 ISO ファイル」を選択
  3. ISO ファイルの保存先とファイル名を指定すると、ダンロードが始まる
  4. ダウンロードにはそれなりの時間がかかる
  5. ダウンロードが終われば「完了」ボタンをクリックする

    win10_0300
    ダウンロードされた ISO ファイル

 

2. Windows 10 を DVD に焼く

あとは、ダウンロードされた ISO イメージを DVD に焼くだけだ。下図は DVD Decrypter を使った場合の例。

win10_0350
DVD Decrypter つ使って DVD に焼く

3. まとめ

  • ここで Windows 10 をダウンロードしておいても、 2016年 7月29日をすぎれば無償でのアップグレードはできない
  • ダウンロードするときの選択肢「「アーキテクチャ」に、「両方」というのがある。便利そうなんだけれど、なんだかよくわからない DVD になりそうで不安だ
  • Windows 10 にアップグレードする場合、エディション( Home Premium ・ Professional ・ Ultimate )とアーキテクチャ( 32 ビット版 ・ 64 ビット版)は、アップグレード元の PC と同じでなければならない
  • エディションだとかアーキテクチャだとか、よくわからない人は「この PC におすすめのオプションを使う」をチェックしておけばよいと思う
  •  Windows 10 のインストール DVD をつくっておけば、クリーンインストールも可能だ。ただし、とても面倒な作業になるけれど、、、