Let’s note CF-SX2 は、Windows 10 へのアップグレード対象機種ではないのだけれど、Web ではいくつかアップグレードできたという報告がある(先達に感謝!!)。今回は、 CF-SX2 ( Windows 7 32bit )に Windows 10 64bit をクリーンインストールする手順の覚え書き。

今回、参考にしたWeb ページはこちら ↓

1. おおまかな手順

  1.  Windows 10 のインストール DVD 、 32bit 版、64bit 版をそれぞれつくっておく
  2.  Let’s note CF-SX2 の各種ドライバ・ユーティリティ( 64bit )をダウンロードしておく
  3. 通常の手順で、 Windows 10 32bit へアップグレードする
  4. アップグレードしたあとに、 Windows 10 64bit をクリーンインストールする(プロダクト・キーは入力しない)
  5. 必要に応じて、 Let’s note CF-SX2 のドライバ・ユーティリティ( 64bit )をインストールする

2. 準 備

2-1. バックアップ

まずはバックアップ。現状の PC のバックアップを作っておく。今回も EaseUS Todo Backup Free を使って、SSD のクローンをつくった。

2-2.  SP1 の適用

Service Pack 1 を適用する(すでに適用しているなら次のステップへ)。

Windows 7 の場合、 Service Pack 1 が適用されていないと Windows 10 へアップグレードできないらしい。 Windows Update をつかって、最低でも Service Pack 1 を適用しておく。 Windows 8 なら、 8.1 へアップグレードしていなければばらないらしい。

2-3. インストール メディアの作成

Windows 10 のインストール DVD をつくる。今回はアップグレード用に 32bit 版を、クリーン インストール用に 64bit 版を、それぞれつくった。メディアは USB メモリでもよいのだけれど、手持ちの USB メモリがすくないので、今回は DVD メディアを使った。

インストール DVD の作成方法は、過去記事『 Windows 10 のインストール DVD をつくる: Windows 7 編』を参照のこと。

2-4. 各種ドライバ・ユーティリティのダウンロード

メーカー Web サイトから、各種の 64bit 版ドライバ・ユーティリティをダウンロードして、外部記憶メディアか、 D ドライブ( C ドライブ以外)に保存しておく。すべてのドライバは必要ないはずなので、あらかじめわかっている不具合の分だけでもよいと思う。 CF-SX2 の場合は 以下の各ドライバおよびユーティリティだ。

  • 01: OS INF File
  • 08: Bluetooth Stack
  • 30: WWAN Driver (F5521gw) Package
  • 44: SD ドライバー
  • 47: WiMAX ドライバー
  • 48: フラットパッド ドライバー
  • 49: ホイールパッドユーティリティ

そのほかに、「オプティカルディスクドライブ文字変更ユーティリティ」や「 USB 充電設定ユーティリティ」、「 Hotkey 設定」などの Panasonic 製ユーティリティをお好みでダウンロードしておく。または、 Windows 10 64bit をクリーンインストールしたあとで、ゆっくりと必要なものをダウンロード・インストールしてもよいと思う。

3.  Windows 10 32bit へアップグレード

つくっておいたインストール DVD をつかって、Windows 10 へアップグレードする。

いくつか( Bluetooth が動作しない、ホイールパッドで右クリックできないなど)の不具合があるけれど、すぐに Windows 10 64bit をクリーンインストールするので、ここは無視。とりあえず Windows 10 ( 32bit )が認証されていれば OK 。

4.  Windows 10 64bit をクリーン インストール

つくっておいた Windows 10 インストール DVD( 64bit )をつかって、Windows 10 をクリーン インストールする。クリーン インストールが終わった時点で、ライセンス認証はされている(下図)。

win10upg0000
Windows 10 ( 64bit )のクリーン インストールが終わった時点で、ライセンス認証はされている

インストール中にプロダクトキーの入力を 2回要求されるけれど、どちらも「後で」または「 Skip 」で無視する。今回の手順では、プロダクトキーの入力はしなくて OK。

5.  各ドライバ・ユーティリティのインストール

「 2-4. 各種ドライバ・ユーティリティのダウンロード」で示した各種ドライバ・ユーティリティをインストールする。

CF-SX2 の場合、メーカー Web サイトからダウンロードした Windows 7 ( 64bit ) ドライバ・ユーティリティを適用すれば、すべてのデバイスが認識・動作するようになった(下図)。

win10upg0200
Windows 7 ( 64bit )適用後のデバイス

ただし、 CF-SX2 の場合、ホイールパッドで右クリックができなくなった。右クリックボタンは正しく動作するのだけれど、右タップ( ?? )ができない。これは Windows 7 ( 64bit )のドライバをインストールすることで解決した。こまかな手順は別記事にてアップする予定。

6. まとめと動作を確認したソフト

6-1. まとめ

  • アップグレードしてからまだ数日しかつかっていないけれど、 Windows 10 は、なれてしまえば快適な OS だと思う。もちろん  Microsoft Edge はつかっていません。メインブラウザは 「 Vivaldi 」なのです (^-^)/
  • あと、OneDrive もなんだかビミョー。 Google ドライブと Dropbox で、いまのところ充分に満足しているし…。
  • スタートボタンを右クリックしてでてくるコンテクストメニューは、「プログラムと機能」「コントロール パネル」「タスク マネージャー」「デバイス マネージャー」など、システム管理でよくつかうコマンドにすぐにアクセスできるので、かなり便利。 Windows 8.1 から実装されている機能らしい(下図)

    win10upg0500
    スタートボタンの右クリックで表示される
  • 「タスクビュー(と仮想デスクトップ)」も(まだ使いこなしてはいないけれど)便利そうだ(下図)

    win10upg0550
    Windows 10 タスクビュー
  •  Windows 10 は軽いと聞いていたのだけれど、いまのところ実感できない。起動時間も、デスクトップが表示されるまでは、たしかに早いような気もする。でも、デスクトップが表示された後も、バックグラウンドでいろいろやってるなぁってカンジがする。 64bit の真価を発揮するには、やはりメモリをせめて 8GB に増設しなければならないのだろうか
  •  Windows10 で実装された Cortana (コルタナ)だけれど、 PC が重くなるという報告も Web にある。とりあえず Cortana はオフにした。手順などはこちらの Web ページを参考にした → 『 Windows10 – Cortana(コルタナ)の設定(オン/オフ) – PC設定のカルマ
  • クリーンインストール後に CF-SX2 で動作を確認したソフトを 次節に示す。まだ数はすくないけれど、参考まで。残念ながら、 DVD Shrink は(起動はするけれど)、 DVD を読み込んでくれない(エラーになる)。原因はいまのところ不明

 6-2.  Windows 10 Pro 64bit ( CF-SX2 )で動作を確認したソフト(*1)

win10upg0860ss
PCSX2 Ver. 1.4.0 の動作を確認 : 画面は Front Mission 4
  • PCSX2 Ver. 1.4.0 – SONY PS2 エミュレータ
  • Vivaldi : Ver. 1.1.453.59 (Stable channel) (32 ビット) –  Web ブラウザ
  • Light Alloy Ver. 4.8.8 – マルチメディアプレーヤ
  • DVD Decrypter Ver. 3.5.4.0 – DVD リッピング・書き込みソフト(互換モード: Windows XP SP3で動作を確認)
  • Mery ( x86 ) Build 2.4.8.6420 – テキストエディタ
  • Paint Shop Pro Ver. 10.00 – 画像レタッチソフト
  • mp3DirectCut – MP3 分割ソフト
  • MP3Gain – MP3 音量調整ソフト
  • AACGain – MP4 音量調整ソフト
*1 すべての動作を確認してはいません。おもな操作または一部の動作を確認しただけです。

6-3. 気になったこと

Microsoft の Web ページに、以下の記述がある。

Q:Windows 10 デバイスのハードウェア構成を変更すると、何が起こりますか?
A:Windows 10 デバイスのハードウェアの構成を変更した場合 (例えば、マザーボードの交換など)、そのデバイスの Windows の再認証が必要になると考えられます。これは以前のバージョンの Windows (Windows 7 や 8.1 など) と同様の動作です。無償アップグレードでは、このようなハードウェア変更の認証リセットのシナリオは Windows 10 の認証に適用されません。

無償アップグレードした Windows 10 では、ハードウェア構成を変更すると、 Windows の再認証ができない、という意味にみえる。たとえば、無償アップグレードしたあとに HDD の交換など、ハードウェアを変更した場合、 Windows 10 の認証ができないかもしれない、ということ。もし HDD クラッシュなどでハードウェアの変更をした場合、どうしたらよいのだろうか。