iPhone から Apple 製以外のスマートフォン( Android、Windows Phone または BlackBerry など)に乗り換えたら、iPhone からの SMS を受信できなくなることがある(送信はできる)。今回の場合は、  iPhone からの iMessage を iPad 2 が受信している。なぜ、 iPad2 が SMS を受信してしまうのかは iMessage の仕組みがそうなっているかららしい。とにかく、  iMessage の登録を解除すれば、 Apple 製以外のスマートフォンで iPhone からの SMS を・受信できるようになる

今回は、 iMessage の登録を解除するメモ。参考にした Web ページはこちら ↓

iMessage の登録解除:よくお問い合わせいただく質問 (FAQ)

1. iMessage の登録を解除する

iMessage の登録解除は、  iPhone から行なうことができる。また、下取りなどで手元に iPhone がない場合は、 Apple の Web ページから行なうことができる。

1-1. iPhone がある場合

  1. SIM カードを iPhone 以外の携帯電話に移している場合は、 SIM カードを iPhone に戻す
  2. モバイルデータ通信ネットワークに接続していることを確認する
  3. 「設定」 アイコンをタップして、 「メッセージ」をアップする
  4. 「 iMessage 」をオフにする(下図)
    sms0010_1
    「 iMessage 」をオフにする

上手は iPad 2 の例。

iPhone 以外の端末( iPad や iPodなど)や 2台めの iPhone で Apple ID を関連付けて iMessage を使っていた場合は、各端末で上記の手順を繰り返す必要がある。

2.  iPhone がない場合

  1. iMessage の登録解」ページへアクセスする
  2.  Web ページを下へスクロールして「すでに iPhone をお持ちではないですか?」を表示する(下図)
    sms0340_1
    「すでに iPhone をお持ちではないですか?」
  3. 携帯電話の番号を、国番号が「日本 ( +81 ) 」になっていることを確認して、最初の 0 を除いて入力する(下図)
  4. 「コードを送信」をクリックする(下図)

    sms0360_1
    国番号が「日本 ( +81 ) 」になっていることを確認して、携帯電話の番号を入力し、「コードを送信」をクリック
  5. 携帯電話に送られてきたコードを入力する(下図)
  6. [送信」ボタンをクリックする(下図)
    sms0380_1
    携帯電話に送られてきたコードを入力して、[送信」ボタンをクリック

携帯電話番号は、最初の「 0 」を省いた 10 桁を入力すること。また、携帯電話番号を何回か間違って入力すると、次に入力できるのは 24 時間後になる。

2. まとめ

  • 最初は気が付かなかったけれど、受信できない、つまり iPad 2 が受信してしまう SMS は、 iPhone とやりとりしていたものばかりだ。気が付いていれば、こんなに遠回りしなくてもよかったのに…
  • 携帯電話番号は、最初の「 0 」を除いた 10 桁を入力すること。このとき、国番号が「日本 ( +81 ) 」になっていることを確認すること
  •  iPhone を使っていれば、 MacBook や iPad、 iPod touch 、または 2 台め以降の iPhone で、iMessae や FaceTime を使うことができる。これは、有効な電話番号を持った iPhone があれば、 Apple 側のサーバで、電話番号と Apple ID を結びづけて管理しているから、らしい
  • 今回のように、 iPhone 5S と BlackBerry Bold 9780 (ときどき 9900 )を取り替えながら使っているなら、 iMessage の登録解除にいつも注意しておかなければ、と思う。 相手が iPhone だと SMS を受信できないからね