IS01 がやってきた。 2011 年に発売された au 初の Android 端末で、 5 インチクラスの大型タッチ対応ディスプレイと物理キーボードを持ち、『新感覚スマートブック』というコンセプトだった。愛用者たちからは『メガメケース』と呼ばれていたらしい。

is01_0005
IS01 : 新感覚スマートブック

残念ながら Android のバージョンが 1.6 なので、いまどきのアプリはほとんど使えない。それでも microSD が 32GB まで使えるのは確認したので(メーカー仕様では 16GB まで)、マルチメディア プレーヤとして十分に使えると思う。

それに、ワンセグの視聴もできるし、 FM トランスミッター アプリも標準搭載している。 IS01 のワンセグは、かなり感度がいいらしい。 FM トランスミッターは、まあ、車種にもよるけれど、使えないこともない程度だそうだ。

ということで、 IS01 を車載専用マルチメディア プレーヤとして使うことにした。車載専用というとなんかそれらしいけれど、実際のところは車のダッシュボードに入れておいて、ちょっとした待ち時間に動画を観るか音楽を聴くかして時間をつぶすのが目的だ。 IS01 のスピーカモノラルだけれど、視聴するのは大半が落語なので問題にはならない。ぶっちゃけ、車載落語プレーヤだ。

1. これからすること

工場出荷状態にもどす

設定を全部リセットして出荷時の状態にする。IS01 のリセットはカンタンだ。「設定」アイコンをクリックしたら、一番下に「リセット」メニューがある。リセットしたら microSD をフォーマットする。

細かな作業は、『手順 2. IS01 のリセット』を参照のこと。

アプリを探す

メディア プレーヤなどの必要なアプリをインストールして、標準アプリを含めたよく使うアプリのショートカットをホーム画面に集約する。とくにメディアプレーヤは、操作性はもちろんだけれど、低スペック端末でもそれなりに動作するものを使いたい。

各種ファイルを転送する

microSD をフォーマットして、 PC から IS01 へ動画や音楽ファイルを転送する。

導入した各種アプリの説明と、 PC から IS01 へ動画・音楽ファイルを転送する手順は別記事を書く予定。

2.  IS01 のリセット

2-1.  IS01 をリセットする

IS01 のリセット(出荷時の状態にもどす)には、端末の再起動やタッチパネル補正などで、それなりの時間がかかる。

  1. ホーム画面の「設定」アイコンをタップする(下図)

    is01_2_0150
    IS01 : ホーム画面
  2. 下へスクロールして「リセット」を選択する
  3. 「オールリセット」を選択する(下図)

    is01_2_0210
    IS01 : 「オールリセット」を選択
  4. 「オールリセットしますか?」と聞いてくるので「はい」ボタンを選択する
  5. ロック No. を入力して「 OK 」ボタンを選択する(下図)

    is01_2_0230
    IS01 : ロック No. を入力して「 OK 」ボタンを選択
  6. 「携帯電話をリセット」ボタンを選択する(下図)

    is01_2_0240
    IS01 : 「携帯電話をリセット」ボタンを選択
  7. 「すべて消去」ボタンを選択する(下図)。これ以降はやりなおしができないので、バックアップに抜けがないことなど、最後の確認をしておくこと

    is01_2_0250
    IS01 : 「すべて消去」ボタンを選択
  8. しばらくの間、 IS seriesロゴが表示されたり画面が暗転することが続く
  9. 「 auIC カード ( UIM )エラー」が表示されたら「 OK 」ボタンをクリックする
  10. ホーム画面が表示されたら「タッチパネル補正」を行う

「タッチパネル補正」をしてホーム画面に戻れば、リセット作業は終了。

リセットしたら、 au 謹製アプリや、プリインストールされていたアプリ・ウィジェットの一部が消えてしまうけれど、どうせ au の sim カードがないので使えない(インストールできない)。

2-2.  microSD をフォーマットする

microSD は、あらかじめ PC で FAT ( FAT16 )または FAT32 (容量による)にフォーマットしておくとよいと思う。 IS01 の電源を切って、フォーマットした MicroSD を装着し、電源を再投入しておく。

  1. ホーム画面の「設定」アイコンをタップする
  2. 下へスクロールして「システム」を選択する
  3. 下へスクロールして「 microSD & 内蔵メモリ」を選択する
  4. 「 microSD のマウント解除」を選択する(下図)

    is01_2_0330
    IS01 : 「 microSD のマウント解除」を選択
  5. 「 microSD 初期化」を選択する(下図)

    is01_2_0350
    IS01 : 「 microSD 初期化」を選択
  6. 「 microSD の初期化をしますか?」と聞いてくるので「はい」ボタンを選択する(下図)

    is01_2_0355
    IS01 : 「はい」ボタンを選択
  7. ロック No. を入力して「 OK 」ボタンを選択する
  8. 「 microSD をフォーマット」ボタンを選択する(下図)

    is01_2_0370
    IS01 : 「 microSD をフォーマット」ボタンを選択
  9. 「すべて消去」ボタンを選択する(下図)。これ以降はやりなおしができない

    is01_2_0380
    IS01 : 「すべて消去」ボタンを選択
  10. 初期化にはすこし時間がかかる
  11. 初期化が終われば「 microSD & 内蔵メモリ」メニュー画面へ戻る(下図)

「 microSD & 内蔵メモリ」メニュー画面が表示されたら、microSD のフォーマットは終了。「復帰」ボタンなどでホーム画面にもどす。

3. ここまでのまとめ

  • よく使いそうなアプリのショートカットを、とりあえずまとめたホーム画面が下図。 IS01 のホーム画面には、最下段に 4 つのショートカットを置くことができる

    is01_0100
    IS01 : ホーム画面
  • 各種アプリの説明や、各種ファイルの転送方法は別記事にて
  •  IS01 のロック No の既定値は「 1 2 3 4 」
  • 車載専用マルチメディア プレーヤがあれば、スマートフォンの貴重なバッテリを消耗しなくてもよくなる。もちろん、各種充電ケーブルは常備してあるけれど…
  •  IS01 は、ホルダーなしでも、ダッシュボードに置くだけで動画などを視聴できるので便利だ
  •  IS01 はバッテリを外さないと microSD の脱着ができない。これは BBB9900 と同じだけれど、電源をいれたまま抜き差しできるようにしてほしかった
  •  IS01 のリセットは sim ( auIC カード( UIM ))なしでも可能だ

 

広告