今回は、コマンドプロンプト(通称 DOS 窓)をつかって新規アカウントを追加するメモ。

今回、参考にしたサイトはこちら ↓

Windows 10 Home アカウントが作成できない – マイクロソフト コミュニティ

1. 経 緯

パスワードを忘れて起動できなくなった PC ( Windows 10 Home エディション 64bit )を、パスワードをリセットすることでなんとか復旧した。このときなぜか、新規ユーザアカウントを追加できなかった。

調べてみたら Windows 10 Home エディションでは、セットアップ時以外に新しくユーザー アカウントを作成することができないことがあるようだ。

こんなときは、コマンドプロンプトで新規にユーザー アカウントを追加する。使用するコマンドは「 net user 」。「 net user 」コマンドは、 PC のユーザー アカウントを作成・変更するコマンドだ。

2. コマンドプロンプトからユーザを追加する

  1.  「スタート ボタン」を右クリックするか、「 Windows ロゴ」キーを押しながら「 X 」キーを押す
  2. 「高度なコンテクスト メニュー」が表示される(下図)
    win10home_0060
    高度なコンテクスト メニュー
  3. 「コマンド プロンプト」を選択する
  4. 以下のコマンドを入力して、「 Enter 」キーを押す(下図)
    win10home_0080
    コマンド プロンプト : net user コマンド
    入力するコマンド:

    net user "User Name" "Password" /add
    •  “User Name” : ユーザー名(半角英数字のみを推奨)
    •  “Password” : パスワード(省略可)
  5. 画面右上の「閉じる」ボタンをクリックするか、「 exit 」と入力して「 Enter 」キーを押して「コマンド プロンプト」を閉じる

サインアウトするか PC を再起動して、作成したユーザー アカウントでサインインしてみよう。

3. まとめ

  • 個人的には、 ユーザー名には日本語文字を使わないことをおススメする。ユーザー名は半角で 20 文字以内にすること
  •  Windows 10 には、「 Microsoft アカウント」「ローカル アカウント」というふたつのアカウントの概念がある。「 net user 」コマンドで作成するユーザーアカウントは、当然ローカルアカウントになる Microsoft は、クラウド環境があたりまえになってきた今、「 Microsoft アカウント」の使用を推奨しているようだ。
  • 「 Microsoft アカウント」と「ローカル アカウント」の使い分けや違いなどについては、別記事にてアップするかも…
  • 個人的には(個人で利用するかぎり)「ローカル アカウント」で十分だと思う。 OneDrive は今のところ使っていないし、ストアで有料アプリを購入する予定もないしね

 

広告