「 iPhone 5S のバッテリーを交換するので、その前にバックアップの中身を見て確認したい」という要望があって対応した。今回は、iTunes でバックアップしたデータの内容を確認したときの対応メモ。

iTunes では、バックアップ ファイルの存在はわかるけれど、バックアップした写真や動画をひとつひとつ確認することはできない(下図)。

itunes_backup0050
iTunes のバックアップ ファイル一覧 : iTunes

そこで今回は、「 FonePaw iPhone データ復元」というソフトを使う。本来は、iCloud や iTunes のバックアップ ファイルから iPhone や iPad などにデータを復元するためのソフトだ。

1. バックアップしたデータの確認

「 FonePaw iPhone データ復元」を公式サイトからダウンロード・インストールしておく。

1-1.  iPhone データ復元を実行する

  1. 「 FonePaw iPhone データ復元」を起動する
  2. 「 FonePaw iPhone データ復元(未登録)」画面が表示されるので、画面左下の「無料試用」ボタンをクリックする(下図)

    itunes_backup0720
    「 iPhone データ復元(未登録)」画面 : FonePaw iPhoneデータ復元
  3. 画面左のメニューから「 iTunes バックアップファイルから復元」ボタンをクリックする
  4.  iTunes のバックアップ ファイル一覧が表示されるので、確認したいバックアップファイルを選択して「スキャン開始」ボタンをクリックする(下図)

    itunes_backup0740
    iTunes のバックアップ ファイル一覧 : FonePaw iPhoneデータ復元
  5. スキャンが終わるとバックアップ ファイルのカテゴリが表示される(下図)

    itunes_backup0760
    バックアップ ファイルのカテゴリ : FonePaw iPhoneデータ復元

1-2. 内容を確認する

画面左のカテゴリ一覧から、内容を確認したいカテゴリをクリックして選択する。

カメラ ロール」では、写真と動画の一覧がサムネイルで表示される(下図)。フルサイズ プレビューもコピーもできないけれど、とりあえずの確認はできると思う。サムネイル右下の緑色の「 i 」ボタンをクリックすれば、撮影日時や撮影場所など最低限の情報を参照できる。

itunes_backup0770
「カメラ ロール」 : FonePaw iPhoneデータ復元

連絡先」では、バックアップされている連絡先(削除されたものを含む)が一覧で表示される(下図)。赤文字で表示される連絡先は(おそらく)削除されたもの。また、一覧から選べば、画面左ペインに写真と電話番号・メール アドレスなどの内容が表示される。確認するには便利だと思う。

itunes_backup0780
「連絡先」 : FonePaw iPhoneデータ復元

2. まとめ

  • 「 FonePaw iPhone データ復元」以外にも iPhone ( iOS 端末)のデータ復元ソフトは、(たとえば「 4Videosoft iOS データ復元」「 TIR iOS データ復元」)などいくつかある。でも、見た目も機能も使いかたもほぼ同じ。ひとつのソフトを、いくつかの会社がそれぞれ販売しているのかもしれない
  • いずれにしても、試用版ではデータの復元機能が使えない。それでも、どんな写真や動画がバックアップされているかを確認できるので、参考にしてほしい
  • 試用版なので、とうぜん試用期間がある。何度も使える手段ではないけれど、知っておいて損はないと思う
  • 「 FonePaw iPhone データ復元」は、インストールする時に関連ソフトやプラグインのインストールを強要されないのでいいカンジだ
  • 今回の環境は以下のとおり
    •  FonePaw iPhone データ復元 : バージョン 3.7.0
    •  iTunes  : バージョン 12.6.1.25
    •  iOS 端末 : iPhone 5S,  iOS 10.3.2(14F89)
    • プラットフォーム : Let’s Note CF-SX2, Windows 10 64bit

 

広告