「 LINE 」で動画を送ろうとすると、「ビデオは長すぎて送信できません」というエラーがでて送れないことがある。これは、 LINE で扱う動画の長さ(再生時間)は 5分まで、と定められているからだ( *1 )。

そこでクラウド ストレージ サービスを使う。カンタンにいえば、

  1. 動画ファイルをクラウド ストレージ サービスへアップロードし、
  2. アップロードした動画の URL を LINE に送信する

という手順で動画を共有する、ということ。クラウド ストレージ サービスを使うので、 LINE の写真や動画の保存期間(およそ 2 週間)の制限を避けることにもなる。各種クラウド ストレージ サービスは専用アプリをリリースしているので、スマホ的な使いかたができるのもメリットだ。

今回は Dropbox を使ってみた。すでに「 Dropbox 」を使っているのなら、手順 2. から参照すること。

*1  以前は 90 秒まで( 300MB まで)だった。バージョン 6.6.0 から 5 分まで(サイズは制限なし)となったらしい

1. Dropbox のインストールと設定

1-1.  Dropbox のインストール

まず、 Dropbox アプリをインストールする。「 Play ストア」を開いて「 Dropbox 」を検索、インストールする。

  1. 「 Play ストア」で「 Dropbox 」を検索する
  2. 「インストール」をタップする(下図)

    Screenshot_2017-06-18-17-09-02
    「インストール」をタップ
  3. 「確認」画面が表示されるので「同意する」をタップする

無事にインストールが終われば、ホーム画面に Dropbox のアイコン(下図)が表示されているはずだ。

dropbox-lg-0100
Dropbox アイコン

1-2.  Dropbox の設定

Dropbox を使うには、まず利用登録が必要だ。

  1. 「 Dropbox 」を起動する
  2. 「登録」をタップする(下図)

    Screenshot_2017-06-18-11-40-45
    「登録」をタップ
  3. 「名」「姓」「メール アドレス」「パスワード」を入力する(下図)

    Screenshot_2017-06-18-11-41-47es
    「名」「姓」「メール アドレス」「パスワード」を入力
  4. 「アカウントを作成」をタップする
  5. 「利用規約」が表示されるのでよく読んで、「同意する」をタップする(下図)

    Screenshot_2017-06-18-11-42-16es
    「同意する」をタップ
  6. 「パソコンへのリンク」画面が表示されるので、「後にする」をタップする(下図)

    Screenshot_2017-06-18-11-45-35
    「後にする」をタップ

以上で設定(利用登録)は終了。説明の都合上、ここで「 Dropbox 」を終了しておくこと。

2. LINE へ動画を送る

まず、動画ファイルを Dropbox へアップロードし、アップロードした動画のリンク URL を LINE に送信する。

2-1. 動画を Dropbox へアップロードする

  1. 「 Dropbox 」を起動する
  2. 画面右下の「Dropbox に追加」ボタン(青い丸に 白い+ )をタップする(下図)

    Screenshot_2017-06-18-14-38-24
    「Dropbox に追加」ボタン(青い丸に 白い+ )をタップ
  3. 「 Dropbox に追加」メニューが表示されるので、「写真や動画のアップロード」を選択する(下図)

    Screenshot_2017-06-18-14-38-30
    「写真や動画のアップロード」を選択
  4. 「アップロードする写真を選択」画面で、アップロードする動画をタップして、画面右下の「アップロード」をタップする(下図)

    Screenshot_2017-06-18-14-38-50
    動画を選択して、画面右下の「アップロード」をタップ
  5. アップロードが始まる

2-2. 動画のリンク URL を LINE に送信する

  1. 「 Dropbox 」で、アップロードしたファイルを表示し、共有する動画をタップして選択する(下図)

    Screenshot_2017-06-18-15-06-15
    共有する動画をタップして選択
  2. 画面右上の「共有」ボタンをタップする(下図)

    Screenshot_2017-06-18-15-12-53es
    「共有」ボタンをタップ
  3. 「共有」画面が表示されるので、画面右下の「リンクを作成」をタップする(下図)

    Screenshot_2017-06-18-15-13-02
    「リンクを作成」をタップ
  4. 「リンクを送信」メニューが表示されるので「 LINE 」アイコンをタップする。「 LINE 」アイコンがないときは「すべて表示」をタップする(下図)
    Screenshot_2017-06-18-15-13-07
    「すべて表示」をタップ

    Screenshot_2017-06-18-15-13-20
    「 LINE 」アイコンをタップ
  5. 「 LINE 」が起動されるので、送信先を選択して画面下の「確認」をタップする(下図)

    Screenshot_2017-06-18-15-13-48
    送信先を選択して画面下の「確認」をタップ
  6. 送信内容を確認して「送信」アイコンをタップする(下図)

    Screenshot_2017-06-18-15-13-58
    「送信」アイコンをタップ

以上で、動画の URL を LINE に送信できる。

3.まとめ

  •  LINE でやり取りする写真や動画は、保存期間が 2 週間だ。これをすぎると読めなくなる
  • 残しておきたい写真や動画は、 LINE の「アルバム」に保存しておくのがおススメ。 LINE のアルバムには保存期間がないらしい。それに、一覧できるので、多くの写真や動画の中からほしいものを見つけやすいというメリットもある
  • 今回は Dropbox を使ったけれど、 同じクラウド ストレージ サービスである Google ドライブでも同様のことができる
  • 今回は Android 端末(バージョン 4.2 )を使って説明したけれど、 iPhone や iPad など iOS 端末でも同様のことができる。みためや操作がすこし違うだけなので、この記事も参考になると思う
  • クラウド ストレージ サービスにも欠点はある。たとえば Dropbox の無料で使える容量は 2GB だ。友人を招待したりすることで最大 16GB まで使えるようになるけれど、 2GB のままだと動画やたくさんの写真を保存するには少ないと思う。定期的なバックアップは必要だろう

 

広告