好きな音楽を iPhone の着信音にする手順のメモ。 iPhone の着信音を作成する方法はいくつかあるけれど、今回は Syncios Free というフリーソフトを使って、 PC 内の任意の音楽( .mp3 )を着信音に変換する。同時に、変換した着信音を iPhone へ転送(保存)する。 iPhone の着信音の作成方法としては、比較的カンタンだと思う。

 Syncios Free は、 iOS ・ Android 両端末に対応した端末管理ソフトだ。有料版( Syncios Ultimate )もあるけれど、着信音作成など、限定した作業なら無料版でも充分だと思う。


今回の作業に必要なものは、 iPhone 以外には PC と USB ケーブル。

 PC には、公式サイトから Syncios Free をダウンロードしてインストールしておく。 Syncios Free の公式サイトはこちら ↓

Syncios:iPhone/iPad/iPod/Android スマホ転送と管理フリーソフト!アプリ、音楽、ビデオ、写真をスマホから PC、スマホからスマホへ無料移行

1.  iPhone 着信音を作成する

1-1. 着信音作成ツールを起動する

1  Syncios Free を起動する

2. iPhone を USB カーブルで PC に接続する(下図)

Syncios Free を起動して iPhone 接続し、「ツール・キット」ボタンをクリック

3. 画面上やや右の「ツール・キット」ボタンをクリックする(上図)

1-2. 着信音を作成する

1. 「着信音メーカー」画面が開くので、着信員に変換する音楽ファイルをドラッグ & ドロップする、または「選択」ボタンをクリックして音楽ファイルを選択する(下図)

着信員に変換する音楽ファイルをドラッグ & ドロップ

2. 好みに応じて「フェードイン」「フェードアウト」をチェックする(上図)
3. 「デバイスを選択」欄で、目的の iPhone が選択されていることを確認する(上図)
4. 「保存 & インポート」ボタンをクリックする(上図)
5. 着信音の変換と保存が始まる(下図)

着信音の変換と保存

6. 変換と保存が終われば iPhone に着信音が追加されている(下図)

iPhone に着信音が追加保存されている

1-3. 作成した着信音を PC に保存する

必要に応じて、「 PC に保存」ボタンをクリックして、作成した着信音を PC に保存しておくこともできる(下図)

作成した着信音を PC に保存

手順 1-2. を繰り返して、複数の音楽を着信音に変換・転送することもできる。

2. まとめ

2-1. 環 境

今回の作業環境は以下のとおり。

  •  PC: Windows 10 64bit ( Let’s note CF-SX2 )
  •  iOS 端末: iPhone 5s および 同 SE( iOS 12.1.1 )

2-2. まとめ

  • ここで変換・保存した曲は、 iPhone の標準アラーム・タイマーでも使用できる。個人的には、朝の目覚ましアラームにはスティービー・ワンダーの Superstition という曲がおススメだ
  • フリーソフトを使うのでお手軽な方法だと思うけれど、 USB ケーブル経由で保存・転送するので、ちょっと手数が増えるのがザンネンだ。 iTunes との同期は Wi-Fi でできるし、写真や音楽、ちょっとした動画などのやり取りだって「 AirMore 」というアプリを使って USB ケーブルなしで( Wi-Fi 経由で)できる
  • 「着信音メーカー」画面では、「再生」ボタンをクリックして音楽を確認できる
  • 「着信音メーカー」画面では、着信音にする曲の「開始点」と「完了点」を指定することで、曲の一部を切り出すこともできる(たとえば曲のサビだけとか)。ただしよほど単調な曲でもない限り、操作に時間がかかる。曲の切り出しは、慣れている音楽編集ソフトで別に済ませておくほうがよいと思う
  • 「 iPhone の着信音は 39 秒以内」という話があるけれど、今回の方法で 4 分の曲も変換・保存できた。 4 分間も呼び出しされることはまずないだろうけれど…
  •   Syncios Free のインストーラ(ダウンロードした実行ファイル)は Avast にてスキャン、安全性を確認済み( 2018/12/10 現在)

 

広告